ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログは毎日ではありませんが、1週間に何度か更新しています。

更新日 2022年1月23日 6:30

ブログは【リンクの一覧】の下にあります

 

【リンクの一覧】

 

2022年3月1日より新メインのページに移動します

旧メインのページ

http://cafe2016.webcrow.jp/

 

新メインのページ

http://kotorin2019.starfree.jp/

 

昨年のページ

http://samanjyo2017.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました

 

2016年からのテキストのみのページ

http://samanjyo2021.starfree.jp/

URLアドレスを変更しました

 

 

【ブログ】

南天

自宅の庭の南天 2020年11月10日 

 

納屋と物置

テレビ番組で田舎が紹介されるときに、家の横には「納屋」が付いている。 「納屋」と「物置」は収納スペースの違いのようだ。 納屋は土間があって農機具・トラクター・耕運機などを格納するイメージである。 昔であれば、脱穀機も納屋に入れる。 農家では農機具を収納している。 物置は雑多な物を入れておく建物である。 蔵となると床があって器具備品を収納する。 倉は、使わないものを片づけるところ・穀物などを収納する造りが簡単なもの。 庫というものが世の中にあるが、車庫などで物をしまい込むところではない。 田舎であるが私の家の敷地内には納屋はない。 管理機や肥料・資材などは別の離れたところの小屋に入れている。 納屋までは大きくないが物置よりも大きい小屋である。 米のタンク、唐箕なども小屋に入れている。(現在は使っていないもの) 唐箕とはもみすりしたあと、もみがらや、わらくずを選別するのに用いる農具である。 庭の家庭菜園にしているところが、納屋があったところである。 

2022年1月23日

 

おじさんにはわからないSNSの「〇〇で草」

(笑)・w・草などを若い人たちは使う。 意味も分からず年配者が使うと気持ちが悪いと思うのは私だけだろうか。 笑いの表現にネットで2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)というのがあって「藁」というスレッドが立っていたようだ。 ローマ字しか入力できないときに(笑)を(warai)と表示するようになり、やがて(w)に短縮されたようだ。 その結果、大爆笑シーンでは「wwwwww」とSNSの参加者が一斉に入力するため、画面全体に「wwwwww」で埋め尽くされることになり、その様子が「草原」のように見えることから、転じて「草生える」と表現されるようになったということである。 これは笑の表現で、度合いが増すごとに表現も変わるそうだ。 「大草原」→「竹」→「森」→「山」→「アマゾン」などと表現される。 やがてSNSが普及し始めると、単純に「笑」が「草」という意味で使われ始め、一般人にも認識されるようになったということである。

2022年1月23日

 

清少納言が嘆いた言葉の乱れ

毒舌で言いたい放題と言えば「枕草子」である。 1000年以上もたっても読まれるのは、今も読んで面白いからです。 年長者は、若い者の日本語の乱れを嘆くことがある。 昔もあって、清少納言は195段【岩波文庫】に書いている。 【ふと心おとりとかするものは、男も女もことばの文字いやしう遣ひたるこそ、よろづのことよりまさりてわろけれ。ただ文字一つにあやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらん。さるは、かと思ふ人、ことにすぐれてもあらじかし。いづれをよしあしと知るにかは。されど、人をば知らじ、ただ心地にさおぼゆるなり。 (途中省略) なに事をいひても、「そのことさせんとす」「いはんとす」「なにとせんとす」といふと文字をうしなひて、ただ「いはむずる」「里へいでんずる」などいへば、やがていとわろし。まいて文にかいてはいふべきにもあらず。物語などこそ、あしう書きなしつれば、いふかひなく、作り人さへいとほしけれ。「ひてつ車に」といひし人もありき。「もとむ」といふことを「みとむ」なんどは、みないふめり。】 一部を現代語に解釈すると「と」の字を略して、ただ「言はむずる」「里へいでむずる」などと言うと、それだけでたいへんよくない。まして手紙に書く場合は、今さら言うまででもないことだ。物語などは、悪いことばで書いてしまうと、何のとりえもなく、作者が気の毒である。

2022年1月23日

 

互換インク

メーカーは互換インクを使うと故障の原因だというが、そうでもないような気がする。 サードパーティが存在する以上、安くできるわけである。 サードパーティは安くしても儲かるのである。 設計変更は違法かというと判決でメーカーが負けたこともある。 写真の印刷ならば純正がいいかもしれないが、普通のカラー印刷であれば互換インクでも問題ないような気がする。 今は見かけないが、昔はインクリボンというのがあった。 調べてみると純正と互換の両方とも同じ下請けで作っていたという話があった。 この場合は、同じものであるが互換は白い箱に入れていた。

2022年1月22日

 

プリンターの廃インク処理

5年使っていたプリンターが「廃インクが吸収できなくなりました」と表示されて、修理に出すことにした。 廃インクタンク交換は約4000円ぐらいである。 ところが、青色のノズルが詰まっている可能性があるので、見積もってもらったら約15000円ぐらいになるそうであった。 あと2年でサービス終了となる。 修理代は販売価格の半分ぐらいになる場合があるそうで、25000円のプリンターを買った。 修理代が10000円ぐらいであれば修理に出したかもしれない。 プリンターは使い方にもよるが5年ぐらいの買い替えを覚悟したほうがよさそうである。 スキャナーの機能があるので、スキャナーとして使い続けることにした。 廃インクタンクの交換を自分でできる機種もあるようである。 ケーズデンキのお店の中でプリンターを探したが、プリンターの入荷が2.5か月待ちとか書かれていて選ぶというより、在庫のあるものを買うしかなかった。 後で、考えればネット通販もあったが、修理が可能な電気製品は実店舗で買いたい。 通常は1年間のメーカー保証であるが1260円を払って2年間の追加保証を申し込んだ。 いつも思うがプリンターのインクはなぜ種類が多いのだろうか? 種類を減らせば、コストが下がるのにと思うが、型番を変えて値上げをしたいのと本体を安くしてインク代で儲けたいためのようである。 

2022年1月22日

 

サーバーの変更

メインのサーバーの移動を1か月繰り上げて2022年3月1日におこないます。 新メインのサーバーからリンクをはずします。

2022年1月22日

 

標準画質と高画質

テレビの話のついでに画質のことが前から気になっていました。 今使っているデスクトップパソコンのモニターは32型で1080Pの解像度です。  解像度が横1920px 縦1080pxで縦が1080なので1080pと名づけられています。 テレビの4K・8Kではないが一応高画質の部類に入ります。 一回り小さいサイズに720pというのがありますが、これは横1280px 縦720pxで、小型カメラの世界では優秀な部類に入ります。 高画質の写真を撮れば、高画質のテレビで見たくなります。 さて、表題の標準画質は「パソコン・タブレット」480p(768k)、高画質は1080p(4M)~になります。 以前フルHD/HDといわれていました。 「スマホ」1080p(8M)~、標準画質540p(2.5M)となります。 先ほどの1080pは約200万画素で2K(ハイビジョン)といいます。 4Kは3840×2160で約800万画素、8Kは7680×4320で約3300万画素になります。 ハイビジョンのテレビはテレビ番組を見るために買いましたが、現在はテレビ番組よりもパソコンでYouTubeを見ることが多くなりました。 ハイセンスのテレビの価格は衝撃的です。 アマゾン価格:50インチで73,423円、32インチで25,273円 これからは、メインのテレビは40インチ以上で4Kテレビといわれていますが「4K対応テレビ」というものがあります。 これは、チューナーをつければ4Kが見られますというもので格安製品には気を付けましょう。

2022年1月21日

 

ミニLED

最近、話題になっているのがミニLEDである。 まだ、4K・8Kのテレビさえ無い私にとっては遥か先を行っている。 LEDの次は有機ELだとか言っていたが、有機ELの画質はきれいだが劣化の問題があって長持ちしないようである 一日中テレビをつけている人にはLED、スポーツや短時間見る人には有機ELがいいとか、いろいろ言われている。 プラズマテレビというのが以前あったがどこかへ消えてしまった。 次に注目されているのがミニLEDである。 LEDが有機ELより画質が劣るのは黒である。 黒が明るすぎるためきれいに表示されないそうである。 昔から、テレビの良し悪しは黒だと聞いたことがある。 各社の色が微妙に違う。  有機ELの黒は光があたらないので本当の黒である。 素子をより小さくすると明暗がはっきりして画像が鮮明になり、劣化にも強く寿命も長く持つ。 ただし、まだまだ高額です。  ノートパソコンの上位機種にはミニLEDが採用されるようです。 メーカーの戦略は有機ELからミニLEDに移りつつあります。 因みにアクオスでは従来機種に比べて72倍の数のLEDを高密度に詰めています。 素子の取り付けに20時間程度かかっていたのが、新しい装置では15分で済むようになるそうです。 時間が短くなることで、当然コストも下がるわけです。

2022年1月21日

 

大寒

今年の大寒は1月20日です。 年によっては19日・21日があります。 2052年までは1月20日になります。 テレビ番組で田舎では布団を5枚・重い綿の布団で寝ているところを紹介していました。 私も50年昔は毛布の上に重い布団を重ねて寝ていました。 最近は薄い布団にしています。 話では羽毛布団を下、毛布を上にすると保温効果がアップすると言っていました。  重ね着も着る順番を間違えると暖かくならないようです。 部屋の中は5度ぐらいで、暖房を入れて15度ぐらいになっています。 快適な温度は17度~28度のようです。 快適さには湿度も関係があります。

2022年1月20日

 

臨時休業 

新型コロナウイルスが再び大感染しています。  1月19日~1月31日の期間でブックカフェひろせは臨時休業します。 そのまま、ほっておくわけにも行きませんので時々はお店を見に行くようにしています。 65歳以上なので3回目のワクチン接種の案内が届きました。 今日は受付日なのでネットで登録をしてみます。 かかりたくないので、買い物は混雑の時間をさけて10時頃・15時頃に済ませます。

2022年1月20日

 

ビジネスの用語

メールで添付ファイルを送るとき、「お送りしました」ではメールが届いたかだけである。  確認のためには「ご査収ください」を使っている。 添付書類がなければ使わない。 添付書類の受け取りと内容を確認して欲しいのである。 できれば返事が欲しいのである。 昨日、お店の書類でgmailのアドレスで二度送信したが送信済みにならないので店の別のアドレスで送ったら正常に送信ができた。 以前にもあったが、原因がわからない。 ダメな時は違うパソコンから送信するかアプリを変えている。 outlookでもバージョンの違いで届いていないことがあった。 重要な時はCCで自分あてにも送っている。  相手がgmailでこちらもgmailのときはChromeを使っている。 古いOutlookを使っているからなのかたまに変な動き方をする。 受信にはデスクトップでChrome(デスクトップはOutlook2010・・・かなり古い)、送信にはノートパソコンでOutlook2016を使っている。 相手が古いソフトの時はOutlook2013を使うということもあった。 自宅で使うときはmicrosoft365のOutlookである。 操作がみんな違うので厄介である。 それにしても、送信済みにならないと安心できない。 下書きで残っていたり、終了をしているが送信出来ていない時がある。 CCで自分宛てに送るというのはスマホでも送受信の確認をしている、 お店にいない時もスマホで確認ができる。 スマホもOutlookなのでより安心である。

2022年1月20日

 

メールソフトの再設定

メールソフトはOutlookを使っていて、「アカウントの追加」でうまくいかなかったが、アカウント設定で昔ながらの新規でおこなうと正常に登録できた。 「アカウントの追加」は操作が簡単であるが、うまくいかないときは難儀である。 メールデータの移行はエクスポート/インポートでよいが、POP方式のアカウントは「アカウントの追加」ではなく「アカウント設定」→「新規」で作成のほうがよさそうである。 使えるようになったのでサーバーの転送もはずした。 面倒でも手作業で最初から設定するのが安心である。 ただし、gmailはIMAPなので簡単にアカウントの追加ができる。 パソコンの買い換えやWindowsの再インストールで困るのがメールデータの移行である。 考えてみれば10年前よりは遥かにメール設定が楽になっている。 

2022年1月18日

 

金融機関のサービスの変化

奈良県に住んでいると「南都銀行」が便利なので利用している。 県外であるが名張市にも店舗がある。 店舗の統廃合・ATMの設置場所の減少があり不便になったところもあるが、いたしかたがない。 通帳の印刷行が一杯になったので桔梗が丘出張所へ行った。 人員の削減もあり、11:30~12:30は窓口が閉まっている。 名張市元町(イオン名張店リバーナ敷地内)の名張支店は今まで通りである。  名張東出張所は名張支店と同じ店舗内に移動した(共同店舗)。  通帳の繰り越しは店舗併設のATMでできるそうである。 山添村役場の近くにATMがあるがこれはダメなようである。 すでに通帳の繰り越しをATMでおこなっているところが多くなった。  この先は通帳レスになるかもしない。 管理料が必要な銀行も出てきた。 三重県では三十三銀行か百五銀行が便利である。 中京銀行は伊賀地区から四日市支店内に移動した。 事実上の撤退である。 ゆうちょ銀行が1月17日より現金取引に手数料が必要になった。 小銭が溜まったときはスーパーの自動のレジで硬貨を使うのが手数料がかからなくてお得である。 他行への振り込みはゆうちょ銀行が安いので利用は続く。 これからますますキャッシュレス化になる。 JAバンクは土日のATMの出し入れが無料なので、お得である。 

2022年1月18日

 

3Gの終了

YouTubeを見ているとau3Gが2022年3月31日でサービス終了となる。 ソフトバンクは2024年1月下旬。 ドコモは2026年3月31日。 ガラケー携帯の人は、昨年中にスマホに変更したりガラスマホに変更をされているようである。 そのままにしていると強制解約だそうである。 ここで気を付けないといけないのが、一部のスマホも対象になっている。 iPhone4Sが該当する。 Volte対応のスマホも該当する。 iPhone5・iPhone5Sが該当する。 2022年6月30日までに変更をしないと元の電話番号とメールアドレスは使えなくなるようである。 

2022年1月16日

 

メールの整理

メールファイルを数年ぶりに整理した。 不要なメールがほとんどなので思い切って削除した。 重要なものはフォルダーを作って入れればよいので、コマーシャルなどは受信のところで見れば削除をする。 ゴミ箱も削除しないと容量として残っている。 必要なものはルールを作成して自動的に別フォルダーへ入れておく。 受信をするときに受信トレイが空の状態から受信をするのは気持ちがいい。  私的なメールファイル(こまどりケーブル)の設定をいじっていたら間違ってアカウントを消してしまった。 何度も登録をやり直したが、うまくいかないのでサーバーの設定の転送を使って別アドレスで受信するようにした。 最近のソフトは自動的に設定することが多くなり、設定が簡単になったが、障害が出たときに手動で直すときに困る。 数多くアドレスを持つのは意味があるのであるが、メールソフトの再設定で苦労をする。 こまどりケーブルのメールは今まではPOPのみでIMAPが使えるようになったとアナウンスされていたが具体的な操作が不明である。 設定の説明のページまではたどり着くのであるが、「ERROR 1405:このページは公開されていません。」 と表示されて終わりである。 考えてみれば、今までPOPで問題なく動いているのでわざわざ変更の必要はないのである。 好奇心から試してみただけである。 

2022年1月16日

 

稲作

1反(300坪)にどれだけの種もみが必要か? 大体12箱の苗箱を使うそうである。 1反で10俵(コメ袋は30kg×2倍)の収穫なので8.8倍のコメになるようだ。 苗箱は1枚が約9000円。 種もみが9000×12=108000円。 30kg・1袋が約9000円である。 ここから、肥料・農薬・田植え機やコンバインの燃料代などを引くわけである。 別の話では1反に25枚の苗箱を使うそうである。 ある程度の大規模な農家でないと儲けにはなりません。 

2022年1月15日

 

休耕田の利用

里芋畑は前年まで稲作をしていた。 約2反の土地で、使ったのは10分の1以下である。 里芋作りはまだまだ難しいが、休耕田の利用として良いと思う。 メッシュでフェンスをすれば獣害対策になる。 イノシシを防げればいい。 サルは見向きもしません。 シカは土を掘らないし里芋の葉っぱを食べないので背の高いフェンスが不要である。 適度な水分も必要なので水田跡がいい。 畝を立てて土寄せと肥料をしっかりやれば月一回の作業なので家から離れた土地でもできる。 自動車が入れる道路沿いにあるので、便利である。 寒さに弱いので種芋は土のまま暖かいところで保存する。 慣れた人は畑に土を掘って種芋の上に草などを乗せて土をかぶせて保存をしている。 販売をしなくても自己保全管理は農業従事者である。  農業従事者になるには、次の要件がある。 体力があり肉体労働が苦にならない。  計画性がある。  コツコツとした努力を重ねるのが好き。 私には向いています。 草引き・草刈りが大好きです。

2022年1月15日

 

里芋畑

サトイモを収穫してから畑はそのままになっていたので、肥料と堆肥を買ってきて土おこしをしてきた。 今年は新たに3倍の土地を耕した。 里芋畑の横には雑木林があって落ち葉が大量に積もっているのでこれも入れることにした。 肥料の袋に15袋分をとりあえず詰めてみた。 自動車の退避場所にもなっていてお掃除にもなるので一石二鳥である。 昔は田圃と近くの雑木林はセットで売買されていて、田圃のそばには狭い雑木林がある。 炭を焼いたり、かまどの薪に利用していた。 今も、お風呂をマキで炊いている家もある。 里芋の話であるが、去年は2本の畝で80個植えた。 里芋の一部は消費したが大部分は種芋となって、衣装ケース4箱に芋をばらさずに土付きで保存している。 1個の里芋から子芋は20個から40個収穫できる。 ざっと計算すると実際に育ったのが50個として1個から20倍をして1000個である。 ということは、80個×4倍(面積)で320個なので、まだ消費が可能である。 消費したのは100個ぐらいである。 里芋一個の重さは大で80g。 400gで8個が250円ぐらい。 1個が約30円。 使えるのは7掛けぐらいとして900×0.7=630個。 630×30=18900円。 種芋は5000円・肥料は5000円ぐらいだったので、単純にはうまくいった。 これなら、無人の野菜売り場にも置くことができる。 里芋づくりは他の野菜と違って長期間に畑を占有するので、他の野菜を植えられない。 ある程度の土地が無いと無駄になる。 5・6個ぐらい植えたのでは失敗もあり全滅もある。 それを思うとサツマイモのほうが楽かもしれない。 収穫した里芋を知り合いにあげたがヌメヌメとしていなくてホクホクで良かったと言っていた。 ブックカフェでも食べてみたが全員が初めての食感で喜んでいた。 これは、評判の良い赤芽大吉である。 ヌメヌメとした里芋は土垂・石川早生である。  小粒であるが石川早生がたくさん収穫できる。 私は皮むきが面倒なので土垂がいい。 ということで、赤芽大吉と土垂を中心に植える。 石川早生も安心のために植える。  大野芋が大きくて美味しいので手に入ればいいが入手は難しい。 直ぐに品切れになる。

2022年1月15日

 

半導体不足

半導体はサプライチェーン上で必要不可欠な戦略物質になっている。 自動車であればECUなどに100個以上のマイコンが使われている。今までは新型コロナウイルスの影響で供給が停止していた。 北米の大寒波で電気が供給できなくなり工場が停止した。 サムスンなどの工場がある。 ここには、大手のマイコンなどの半導体工場がある。 日本ではルネサスの工場の火災が発生した。 復旧に4か月かかった。 トヨタの自動車に影響があった。 台湾の干ばつにより水不足になった。 台湾のTSMCに影響がある。 ここまでは今までのことであるが、新たな半導体不足の理由は何なのだろうか? 新型コロナウイルスが収束していない。 東南アジアで何を作っているのだろうか? 半導体の後工程(ウェハーをパッケージする)の工場が集約している。 米中の対立で日本は中国からベトナムに工場を移した。 前工程(ウェハーの製造など)もマレーシアで行っている。 中国の大規模停電も影響。 これは、オーストラリアを迂回して高い石炭を買っている。 コンテナ不足が影響。 アメリカの港湾作業員が失業保険をもらっていて完全に戻っていないのでコンテナの奪い合いになっている。 これはアメリカの手厚い失業保険制度により復職をすると損を食らうためである。 米商務省は2021年5月7日付の声明文で、週300ドル(約33000円)の失業保険上乗せ給付によって、「受給者の4人に1人が、働くより得な状況に置かれている」と指摘し、この給付を打ち切ることが人手不足の解消に寄与するとしている。 様々な要因が重なって半導体不足になっている。 どこかの国にボトルネックが発生すると世界規模で半導体不足が起きることになる。 ゲーミングパソコンのグラフィックボードも一向に安くならないし商品も入荷が遅れる状態が続いている。 これからはテレワークの進展によって、半導体の需要はさらに増加すると考えられる。 世界中でやりとりされるデータ量は増えており、動画配信サイト「YouTube」が画質を抑えるなどの対応を取った。 サーバーのあるデータセンターは大量の電力を必要とする。 簡単には増やせないのである。 この冬は電力がひっ迫していていつまで続くのだろうか? 2023年以降も電力ひっ迫のおそれがあるようである。 電気代もガス代も高くなり大変である。 一個人がぼやいてもしょうがないが、ニュースでは伝えられていない現状をネットで調べてみた。

2022年1月15日

 

メールのPOPとIMAPの違いについて

メールソフトの設定を行うとPOP接続かIMAP接続かを選択する必要がある。 gmailはIMAP接続で、個人的に使っているKCNはPOP接続である。 KCNは2019年にIMAP接続もできるようになっていて、容量も200MBから1000MBに増加できるようになっていた。 (更新の操作をしないと勝手に変更はされない) どう違うのかというとIMAPはサーバーにあるメールをパソコン等にダウンロードせず、サーバー上でメールを管理する仕組みである。 デメリットは容量制限に達した場合は、不要なメールを削除しなければ、新規に送られたメールを閲覧することができなくなる。 gmailは無料で利用できるのが15GBになっている。(無限ではないので注意) Google Chromeで容量を確認することができる。 因みに1.5GB使っていたので、不要なメールは削除した。 ゴミ箱も容量に含まれるので完全に削除の必要がある。 メールの整理をすると0.01GB(10MB)まで減った。 gmailを使っている方は一度使用中の容量の確認をお勧めします。 POP接続はサーバーにあるメールをパソコン等にダウンロードして、端末上でメールを管理する仕組みである。 1台の端末では便利であるが、複数のパソコン等での受信は1台ずつしか利用できない。 3台のパソコンでメールを受信しているが、3台ともパソコン側でメールの削除が必要になる。 従来はPOPでの受信方式が多かったが、IMAPの受信方式も増えてきた。 個人的にはIMAPのほうが使いやすいように思う。

2022年1月14日

 

starfreeサーバー

http://kotorin2019.starfree.jp/

すでに案内をしておりますが、2022年4月1日よりwebcrowサーバーの更新が出来なくなります。 早めにstarfreeサーバーのホームページにブックマーク(お気に入り)の登録をお願いします。 どちらのサーバーもnetowlが運用していて、starfreeは2GBまでならば無料のサーバーなので使っています。 3か月ごとに契約の更新がありますが、無料なので続けて使用しています。 ここに限らず、無料サーバーは消えつつあります。 いずれは、有料サーバーに移ることになると思います。

2022年1月14日

 

蚊の口焼き

節分に「蚊の口焼き」という行事があった。 これは、まだおこなわれているところもあるようである。  お餅を小さく刻んで「蚊の口 ブヨの口 ハミ(マムシ)の口 全て焼き切った」などと虫よけの呪文を唱えながら火鉢の炭に焼いていた。 場所によってはイワシの頭や唐辛子を焼くところもあるようである。  今から考えると不思議な行事である。  これは、農村であればどこにでもある行事であった。 今は火鉢も炭もない時代である。 民俗学者の柳田国男が残した書物に「年中行事覚書」というのがあって「蚊の口焼き」があった。  「虫の口焼き」とも言ってこちらのほうが一般的な名前である。 今は絶版となっているので、ネットで調べると文書を新たに起こしてくれているページがあったのでありがたい。 Wordで検索を選んで「蚊」と入れると3ヶ所ナビゲーションに出てくる。 全体で98ページもあるので検索を使わないとスクロールでは手間がかかる。 先日には、「初祈禱・おこない」があったが、この「春おこない」も出てくる。 ナビゲーションは見出しで選択する方法もある。 「亥の子のこと」もある。 これはイノコモチの話である。 津の国の話なので、近隣の奈良東部山間部にも伝わる行事である。 興味がわくので、今日はこれを読んでみようと思う。

2022年1月14日

 

officeの32ビット版と64ビット版

まずは、officeはどちらを使っているでしょうか? アカウント → Execelのバージョン情報 で バージョンの横に64ビットと表示されています。 昔は32ビットと64ビットの選択があった(office2013)のですが、64ビットOSが一般的になってからは指定をしないと自動的に64ビット版が導入されます。 互換性を考えるとまだ32ビット版を使ったほうが良いかもしれません。 1台であれば良いのですが、32ビット版と64ビット版の両方を使っているときに問題がおこることがあります。  Accessのファイルは互換性がありません。 Execelファイルに落としてファイルの再構築するかマクロの書き換えになります。 VBAの32ビットと64ビットの互換性の問題があります。 一例としてLong型の参照型パラメータはLongPtrに変更します。 64ビット版にはLong型(インターデータ型)とLongLong関数が追加されました。 Accessのマクロを使っている人はそのままでは動きません。 私はたまたま(運がよく)、Accessは64ビット版からしか使っていないので問題が起こっていません。 Accessマクロは使わずVBAを使おうという話もあります。 Excelは便利で使うのですが、Accessマクロは使ったことがありません。 Accessマクロを使わないのはソースコードがわかりにくいからです。 マクロでは限度があるので最終的にはVBAで書き直しになる。 私は初心者ですが、高度なことをやるのでなければマクロでやっていることはVBAでかけると思います。 VBAと名前が似たものにVB6がある。 VB6でかかれたアプリを修正できる技術者が不足しているそうである。 VB6の実行環境はwindows10までサポートされているが開発環境がないそうである。 動くけど直せないということである。 なお、Windows11ではサポートされないということである。 実行環境(ランタイム)のサポートは 2022年5月10日に終了する。 いまからVB6を覚える必要はないが、VB.NETに書き換えは苦労である。 Visual Studioを使ってVB6にリバースする方法もある。 現役のプログラマーはどうしているのだろうか? ご苦労様です。(元システムエンジニアより)

2022年1月14日

 

サブスクリプションと定額制の違い

どちらも「短期から長期契約で商品やサービスが「定額制」で利用できる」 違いはサブスクリプションはいつでも好きな時に解約できることと顧客のニーズに応じて継続的にアップデートができることである。 Microsoft 365 (旧 office 365)が該当する。 音楽配信・動画配信も該当する。 一方、定額制は購入するより割安で容易に解約できる。 また、契約後の商品のサービスのアップデートはない。 例をあげれば新聞や雑誌の定期購読である。 違いは最終地点である。 サブスクリプションは顧客生涯価値の向上を継続的に目指すため、終わりはない。 Microsoft 365 は office2021やoffice2019と違ってアプリの更新が頻繁におこなわれている。 例えばExcelの新機能でVLOOKUPやHLOOKUP、MATCH関数により、回答を迅速に得られるようになった。 新聞や雑誌は固定の商品やサービスを提供することが最終地点になる。 一番新しいofficeはoffice2021ではなくMicrosoft 365である。 ベースがoffice2016なので、現在のバージョンはビルド16.0.14729.205254である。 office2013がビルド15.0.5233.1000であった。 頭の15が初期のofficeから振られていて一昨年まで使っていたoffice2016が16.0.2730.20144で頭が16なのでoffice2016がベースになって拡張がされている。 毎年、10000円ぐらいの支払いであるが、私はMicrosoft 365がお得だと思う。 常に最新の状態で、AccessもPowerPointも付いていて、同時に同じライセンスで5台のパソコンが使える。 インストールの台数は無制限である。 一般的にはWord,Excel,OutlookでよいのでPersonalの29800円で3年以上なら買い取りが安いがアプリの更新はない。AccessやPowerPointをつけると59800円になる。 office2021サポート期間は5年間になっている。 office2016のサポートはメインストリームが2020年10月13日、延長サポート終了が2025年10月24日である。 この間のパソコンのアプリであるがoffice2010である。 そろそろ買い換えたらどうですかと言いたくなる。 何が問題かといいますとoffice2019のWordなどで新機能を使って作成したファイルはoffice2016などでレイアウトが崩れたり表示されないことがあります。 印刷のずれがおこることもあります。 1枚の文書が2枚に分割されることもあります。 この場合は、受け取ったパソコンで再度レイアウトを変えて書き換えます。 outlookでも相手がメールを読めないという障害もありました。  自分だけの使用であれば良いのですが、外部にデータを渡すときは最新の状態にしないと障害が発生します。

2022年1月14日

 

お知らせの更新

令和4年の竹工房教室のご案内をお知らせに載せました。 

2022年1月14日

 

体積の単位はLを使いましょう

日頃使っている体積の表示の単位のリットルはℓだと思っていたが、lまたはLの記号を使うようである。 世界の多くや日本ではLを用いることを規定したり推奨している。  液体を量る際に容積として使っていたが、物理量としては「容積」は「体積」と同一なので現在では「容積」の語は使わないことになっている。 2012年現在、ほとんどの教科書でℓの表記は使われていない。 lは1と見間違えるのでLと書いたほうがよさそうだ。 特に縦書きにすると間違える。 日常生活ではmlがよく使われている。 手元にあるペットボトルをみるとほとんどがmlである。 調理のレシピはmlである。 ガソリン・灯油などは立方センチメートルであるが、大まかにはリットルを使っている。 小数点は小学校3年生から教えるので小学校2年生まではデシリットルを使うようである。 現実の社会ではデシリットルはほとんど使われないが、水筒の0.8Lやペットボトルの0.5Lは8dLや5dLとして教えられるようである。 立方センチメートルのことを㏄と表記することもあるが国際単位系のSIは認めていないので使わないほうがよいそうだ。 草刈機では23CCとか26ccなどと普通に使っていますが?

2022年1月12日

 

ホームボタン

農作業中にスマホを使うときに困るのがホームボタンである。 手が汚れているときや強く押さないと反応しないので不便である。 ガラケーは物理的なボタンなので電話だけなら十分であった。  最近見つけたのが「AssistiveTouch」である。 操作メニューは全部で6種類あって便利である。 アイコン以外に見出しも出てくる。 ピンチして回転、押したままドラッグ、再起動等もアイコンがある。 親指と人差し指以外でも操作ができる。

2022年1月12日

 

インテルとAMDの競争

過去にCPUの世界ではインテルが圧倒的であったが、64ビットOSを先導していたのがAMDである。 ここ数年インテルは苦しい戦いをしていたが、第12世代で再び最強になった。 現在は安くても11世代のインテル・CPUは買わないほうがいい。 マザーボード、グラフィックボードも11世代までの物とは互換性がない。 自作パソコンを使う人は買い替えとなる。 ゲームパソコンの世界ではAMDの性能が圧倒的に高い。 ゲームはCPUだけでなく、GPUつまりはグラフィックの性能も重要である。 内部クロックの周波数をあげれば性能が向上するが、発熱が馬鹿にならない。 冷却ファンの音も気になるかもしれない。  デスクトップパソコンであれば冷却もしっかりとしたものが使えるが、ノートパソコンは発熱の少ないCPUでないとバッテリーが長く持たない。 i7-5500Uはノートパソコンでゲームに使うのではないので問題はない。 ノートパソコンは能力がデスクトップパソコンよりも落ちても省電力が重要である。 これも、ストレージをSSDに変えたら快適になった。

2022年1月12日

 

Windows11の使用状況

自宅で現在3台のパソコンを使っている。 2台をWindows11、1台をWindows10で動かしている。 第9世代のCPUi5-9400FはBIOSの変更だけで動いたので問題なし。 次に第2世代のi5-2450Mは約10年になるが、レジストリの書き換えで動いている。  年が変わってからのWindows11の累積更新プログラムも問題なく更新されている。 今のところ支障はなさそうである。 BIOSの変更、レジストリの書き換えではなくもっと簡単にWindows11にアップデートができる方法があるようである。 インストールファイルのappraiserres.dllを削除するだけである。 インストールの前にLANケーブルを外す必要がある。 これは、簡単にWindows11をインストールできる。 どうやら、システム要件をチェックするのは「appraiserres.dll」というファイルらしく、このファイルを削除することでシステム要件をチェックで除外されずにインストールが進むようである。 もう一台は第5世代のi7-5500Uである。 対象外となっているCPUであるが、この方法を使えばインストールが可能である。 しかし、Windows10が安定していることとサポートが2025年10月24日までおこなわれるので、しばらくはそのまま使う予定である。 メモリーを8GB以上、ストレージをSSDに変更するなどの作業をおこなうと古いパソコンの延命ができる。 ただし、32ビットパソコンはWindows10で終了する。 お店では古いノートパソコンを使っている。 メール受信・文書作成だけであれば十分使える。 office2016も入れてある。 PowerPointも動くので便利である。 ウィルス対策ソフトは外してあるが、Windows10のDefenderで十分機能している。 さすがに、古いVistaを使おうとは思わない。

2022年1月12日

 

とんど焼き

正月のお飾りや書き初めを焼くのが「とんど焼き」であるが、1月の中旬で昔であれば1月15日が多かった。 山添村広瀬では、今年は1月10日におこなわれた。 1999年までは1月15日は小正月であり、成人の日であった。 小正月もおこなわれなくなった。 成人式が1月第二月曜日になったので、成人の日・その前後の土曜・日曜に移動したところも多いそうである。 松の内は一般的には1月7日までであるが、関西では1月15日までのところもある。 その期間までは正月飾りを飾っているわけである。 ところが、鏡開きは別で1月11日である。 関西の一部では1月20日があるようだ。  今日は鏡開きで、ぜんざいやお汁粉ににして食べる。 関東と関西ではぜんざいとお汁粉に違いがある。 関東は汁気があるか汁気がないかで見分ける。 関西は「こしあん」か「つぶあん」かで見分ける。 関西では汁気のない粒あんは「亀山」などと呼んで区別をしている。 餅はぜんざいにして食べることが多いが、雑煮にしたり、揚げ餅にしても美味しく食べられる。 

2022年1月11日

 

鶴岡八幡宮

2018年5月11日 大石段

2018年5月11日 大銀杏

2018年5月11日 太鼓橋

大河ドラマの「鎌倉殿の13人」で話題になると思いますので、鶴岡八幡宮を載せておきます。 このときは表の参道ではなく裏の駐車場から行きました。  三大八幡宮といえば4社ある(?)。 宇佐八幡宮・石清水八幡宮・筥崎宮・鶴岡八幡宮。 「宇佐八幡宮・石清水八幡宮」に「筥崎宮・鶴岡八幡宮」のいずれかを合わせた3社とされています。 宇佐八幡宮と石清水八幡宮は固定で、後の二つのどちらかの組み合わせということです。 社格でいうと「宇佐八幡宮・石清水八幡宮・筥崎宮」が官幣大社。 東京方面では「宇佐八幡宮・石清水八幡宮・鶴岡八幡宮」となります。

2022年1月8日

 

護符

2022年1月6日 牛玉宝印(ごおうほういん)

昔から1月7日は「初祈禱・おこない」が広瀬地区の行事として行われているが、最近は近くの日曜日におこなわれている。 この日は神事(熊野神社)と仏事(隣にある西迎寺)の両方でおこなわれる。 ことしは宮年預で年4回の行事の準備をおこなうことになった。 1月7日は山の神もあるが私も含め行く人は減った。 山の神は「くらたて」とも言って、もちばな・かしのきなどに藁の袋(ほうでん:男子の数だけ小石を中に入れる、なんとなく怪しい感じである)をつけて山の神にお供えをする。 家に帰ってきて蔵を開けて福を向かい入れる。 さて、牛玉宝印であるが熊野三山の熊野牛玉符が有名である。 ややこしいが広瀬の熊野神社は熊野三山とは関係がない(出雲の熊野大社と関係がある)。 何に使うかというと護符として、苗代の田圃にウルシの木に刺して立てていた。 災難除けである。 今は神事に使うだけで1本を準備する。 この芋版みたいなのはベンガラを湯でといて押印する。 当日は天地東西南北とそれぞれの方角に向かって唱えたあと、参加者のおでこにも押す。 昨日は、お供え物を買いに行ったが、気に入ったものが中々ないので苦労をした。 リンゴは不作で高いし、小ぶりが多い。 昆布は横幅の広いのが欲しい。 海苔は有明産のそれなりのものが欲しい。 サバは1000円ぐらいの大きいのが欲しい。 それなりの買い物になった。 ただし、全部自腹です。 ダイコンは家にあるので大丈夫である。

2022年1月7日

 

七草がゆ

1月7日の朝は、七草がゆを食べるというのが行事であるが、七草を揃えるのも一苦労である。 昨日はぎゅーとらで七草がゆセットをみたが、2人前約400円ぐらいで売っていた。 カブは白いのと赤いのが入っていた。 春の七草は次のとおりである。 「せり・なずな・ごぎょう・はこべ・ほとけのざ・すずな・すずしろ」である。 体にはいいが、おいしい物でもないのでダイコンと関係ないが白菜だけでおかゆにした。 柚子が残っているので、刻んで入れたらあっさりしていておいしかった。 一般的な七草がゆもあるが、鶏ガラスープを入れて中華味の七草がゆにすると食べやすいかもしれません。 次に植物の説明をします。 せり:水辺にいけば割とあるのですぐわかる。 山ぜりと田ぜりがあって、山ぜりのほうが香りがよく癖がない。 根元が赤いので、似ている毒ぜりとは区別がつく。 キンポウゲ等もあり、山菜を知らない人は気を付けよう。 田ぜりは田圃へ行けばよく見かけます。 苦いです。 なずな:ぺんぺん草とも言って野原や畑では普通に見かける。 ごぎょう:母子草ともいう。 葉はうっすらと毛が生えていて触るとフワフワで気持ちがいい。  草餅に使われていたそうで、風邪予防になる。 はこべら:ビタミンAが豊富で、腹痛の薬になった。 繁殖力が強いので畑に生えたら苦労をする。  ほとけのざ:勘違いをするのが雑草のホトケノザ(シソ科)です。 食用にはなりませんので間違ってシソ科のホトケノザを食べないようにしましょう。 なじみが少ないのですがコオニタビラコというキク科の植物です。 タンポポににていて、植物繊維が豊富である。 すずな:カブのことで、ビタミンが豊富である。 すずしろ:ダイコンのことで、消化を助け、風邪の予防にもなった。

2022年1月7日

 

初詣

年も変わり、3ヶ日も過ぎた。 今は落ち着ているが、新型コロナウイルスの今後が心配である。 ことしも初詣は近くの熊野神社だけにした。 オミクロンとはギリシャ文字のΟであるが、順番でいうと15番目になる。 使わない文字もあるようで、クサイとニューは使わなかったようである。 人の名前に使われていて外したようである。 Xi(シー)とも読み、中国では「周」になる。 習近平主席に遠慮したのではないかといわれている。 最後はオメガが24番目になる。 使い切ったらどうなるか?

2022年1月5日

 

Air quality in Japan

https://www.iqair.com/japan

私たちは大気の汚染をあまり気にせず当たり前のように思っているが、世界で見ると日本は普通かそれ以上に大気がきれいなようだ。 上にURLを貼っておいたので世界の様子を見ることができる。 大きくすれば、日本の都市もわかる。 近くの南山城村は緑色で良い、名張市は黄色で普通である。 山添村は観測されていないので不明である。 リアルタイムで大気汚染の状態がわかる。 大きく見ると日本は緑色で良い、中国は赤と紫で大気が汚染されているのがよくわかる。

2022年1月3日

 

 

LINEのセキュリティ

初期設定のままではセキュリティが守られていない。 アプリの更新をおこなうと元に戻る場合があるので時々チェックをしたほうがよい。 何もしなければ無防備になっています。 そのままではLINEで情報収集がおこなわれている。 他端末からスマホの情報を見ることができる。 こういうこともあって、LINEを使っていません。  以下の確認が必要である。 設定(右上の歯車) ①メッセージの暗号化 プライバシー管理 → Letter Sealing オンになっているか(レがオン)。 友だち → ②友だち追加設定を変更 友だち自動追加 オフにする。 友だちへの追加を許可 オフにする。 ③情報提供をオフ プライバシー管理 → 情報の提供 コミュニケーション関連情報 オフにする。 位置情報の取得を許可  オフにする。 ④アプリからの情報アクセスをオフ プライバシー管理 → アプリからの情報アクセス 「常に許可」になっているので「拒否」に変更  ⑤他端末でのログイン許可をオフ(アカウントの乗っ取りを防ぐ)  アカウント → ログイン許可をオフにする 

2022年1月3日

 

+メッセージ

メッセージのやり取りには「LINE」が多いと思われるが、私はショートメールの「SMS」を使っている。 本人確認で電話番号を使っている「+メッセージ」を試しに使ってみた。 2台のスマホがあるとこんな時に便利である。 写真も送れてサーバーも日本にあり安全な「+メッセージ」ならば、使えそうだ。 ドコモ ソフトバンク AU であれば使えるそうである。 操作手順もパソコンで作って自分宛てにメールを送ったので、スマホのoutlookで操作手順を確認することができる。

2022年1月3日

 

テレビ

昨年の12月7日にドン・キホーテからチューナーを内蔵しないテレビが発表された。 地上波は見られないが、OSとしてアンドロイドが入っているのでネット配信を見ることができる。 中心はYouTubeである。 価格が2万円台からあるので、話題になっている。 24型が約2万円。 42型で約3万円。 50型が約5万円。 家庭用ビデオゲームにテレビを使っているときは放送を見ていないので、こういうテレビもありである。 私などのパソコン中心の人間にはモニターだけでいいのでOSは不要である。 アンドロイドOSは2021年10月現在・バージョン12であるが、アンドロイドテレビのOSはバージョン9である。 アップデートは不可能なようだ。 YouTubeで見てみるとスピーカーの音は少し悪いので気になれば外付けのスピーカーを準備すればいい。 映像は問題ない。 マウス接続はできるが、「戻る」の機能が使えない。 キーボード接続も可能である。 ただし日本語入力はできない。 操作の中心はリモコンである。 パソコンの代わりにはならない。 大きなスマホと考えれば安い。 TCLからも43インチ・アンドロイドテレビ(39800円)が発売されている。 地上波を見たければチューナーをつければよい。 

2022年1月3日

 

鶴橋の焼肉店「空」 火事

鶴橋 駅と反対の方角 突き当りが「鶴一の別館」 右へ行くと千日前通りの下味原の交差点

鶴橋  駅の方角 突き当りを右へ行くと鶴橋駅 この店の反対側の「空」

昨日の午後8時半頃 鶴橋駅の近くで火災が発生した。 写真ではパチンコ屋の隣の「空」である。 報道では「空」のことばかり言っているが。隣の一戸建ても全焼しているようである。 ここの人(Kさん)は先月に亡くなっていて今は空き家だそうであった。  ここの前を通るといつも煙でかすんでいる。 密集していていざというときは危ないところである。

2021年12月31日

 

LINE

iPhoneのメールアドレスを変更したら、LINEが消えてしまった。 iPhoneのメールアドレスをなぜ変更するのかというとApple ID が本名で出てくるのでプライバシーがバレバレになる。 無料Wi-Fiを使っていたら、無防備そのものである。 LINEのサーバーが韓国にあるので、なおさら心配になる。 キャリアメールは確実に届くが迷惑メールも多く届くので安心できない。 キャリアメールをGoogleアカウントなどに変更をするのを私はお勧めする。 まったく迷惑メールが届かなくなりました。   メールアドレスが〇〇@i.softbank.jpでドコモに機種を変更をして不便に感じていた。 一番の理由はキャリアのメールアドレスよりもグーグルのメールアドレスを使ったほうが、機種変更をしても余計な手間がないことである。 それと迷惑メールに困っていた。 ahamoではキャリアメールを使えないのである。 2021年12月より開始したキャリアメールの持ち運びサービスを利用すれば継続も可能だそうである。 会員サービスの登録アドレスにキャリアメールを使うと別のアドレスに変更が必要になる。 これが結構面倒で、随分手間であった。  LINEはほとんど使わないので気にならないが、どうしても必要になった時のために連絡用に登録をしている。 Googleアカウントを使うとパソコンでも操作が出来るので便利である。  前のアカウントを忘れたので新規登録にした。 友だちは自動的に追加しているので、連絡を拒否をしているのもあるので直ぐに拒否にしたのもある。 中には、最近亡くなられた方のアカウントがあった。 先日の死後のアカウントの管理をどうするかという問題である。

2021年12月31日 

 

熊野神社のしめ縄の準備

昨日は、隣の兄ちゃん(息子)としめ縄の準備で近くの山へ行っています。 前回は別の先輩と行きましたが、今回は私が年上なので先導しました。 しめ縄は6尺を準備しています。 ほとんどが短いので、12月の早いうちに買わないと売り切れています。  午前中に無事完了をしています。 約15年に1回なので次の当番は82歳になっています。 生きていますやら?

2021年12月31日

 

年末の買い物

昨日は年末年始の食料品と日用品を買いに行きました。 銀行の通帳記入もあります。 銀行口座は二つあれば十分ですが、6行あります。 JAと郵貯ぐらいで良いのかもしれません。 さて、買い物ですが先ずは掃除用具です。 ホワイトボードが汚れていましたのでこれはエタノールを使えばよいので無水エタノールか消毒用のエタノールになります。 無水エタノール500mℓで1400円ぐらい。 消毒用エタノール500mℓで800円ぐらいです。 違いは濃度です。 無水エタノールが約99%、消毒用エタノールが約76~82%です。 消毒用には水で薄めないと効果が無いそうです。 消毒用エタノールを使ってみてきれいに消すことができました。 頑固であれば無水エタノールを使う予定でした。 スプレーで500円ぐらい(180mℓ)のホワイトボードクリーナーをホームセンターでみましたが、薬局で消毒用エタノール500mℓを買ったほうがお得なような気がします。 ホワイトボードクリーナーの成分は主にエタノールです。 次にピーラーが切れにくくなっていましたので専用のシャープナーを買いました。 あったら便利でついつい買ってしまいます。 包丁もペティナイフはあるのですが、三徳包丁よりも少し小さいのが欲しかったのでこれも買いました。 使っていて切れにくかったら研げばいいのですが、もう一本で切れ味を確認したい。 変なこだわりがあるのです。 ボトルの掃除は柄のついたスポンジが必要です。 よく見ると中性洗剤を使ってくださいと書かれています。 次亜塩素酸ナトリウムを使ってはいけません。 セスキ炭酸ソーダは使ったことがありませんが、何に使うのでしょうか?  成分は重曹と炭酸ナトリウムです。 油汚れに効果があります。 シンクの汚れは研磨効果のある重曹がよさそうです。 セスキ炭酸ソーダは衣類の染み抜きに効果があります。 ゴミ箱の消臭にも使えて結構使い道があります。  換気扇やコンロの掃除に使えそうなので、早速買いに行きます。 弱アルカリ性なので注意が必要です。  ゴム手袋も買いました。 昨日は食料品を買いながら、人の多さにため息をつきたくなりました。 それでもお店を4軒回りました。 お菓子を買い忘れています。 商品の品数は昨日がピークのようです。 特に鮮魚関係は昨日のほうが種類と品数が多いようです。 一人だというのに爆買いをしてしまいました。 久しぶりに2台の冷蔵庫に収まっています。 カップ麺をたくさん買っている人がいました。 便利だけど、どん兵衛とUFOばかりでは飽きてしまいそう。 生のそばが8割と5割がありました。 いつもは買わない8割にしました。 かまぼこが大量に並んでいますが、正月用の高いかまぼこばかりが並んでいます。 1本500円ぐらいしますので、別の店で昔ながらの200円前後のかまぼこを買いました。 材料も違うのかもしれませんが、芯に絵柄が入っています。 昔は棒鱈を買いましたが、少しだけあればいいので小さいお節セットを買いました。 田つくり・煮豆・レンコン・昆布巻きがあればいい。 人参は種まきに失敗したので買っています。 ダイコンと白菜は自家栽培で買う必要はありません。 午前中に買い物を済ませて昼からはお料理になります。 ドン・キホーテのレジはいつもの3倍以上に並んでいました。 とれたて市ひぞっこへお米を買う予定もありましたが、伊賀市までこれだけのために行くのも無駄なのでドン・キホーテで済ませました。

2021年12月31日

 

流恋草(はぐれそう)

ネットのニュースに「他人を許せない人の脳」という記事があった。 インターネットやSNSなどで、炎上や誹謗中傷のニュースを多く見受けられる。 そこで出てくる言葉が「許せない」である。 当人の関係者であれば別であるが、関係のない人間が叩きのめすような言葉をはくわけである。 本来あるはずの自制心・思いやり・共感性などが飛んでしまうわけである。 私ぐらいの高齢者になると何でも許してしまいます。 その前に余計なことを言わないのがよさそうです。 そこで、「あなたを許せない」という歌詞の歌を思い出しました。 ちょっとこれとは意味が違う失恋の歌のようです。 寒い冬にひとりで住んでいるとお酒が欲しくなりますが、辛いことはありません。 人に煩わされることがなく時間に縛られずのんびりとひとり暮らしもいいものです。 高齢者になるとあと何年元気でいられるだろうかと思うぐらいです。 香西かおりの歌に「流恋草」がありました。 YouTubeで見ています。

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星もみえない この街で あなたしかない私
ああ・・・ お酒ください ああ・・・寒い胸に
涙が凍る 心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛い こんな夜は あなたを許せない
雨の小道に散る花に この世のはかなさ知りました ひとつ拾って手に乗せりゃ 悲しみがこぼれます
ああ・・・ 抱いてください ああ・・・寒い胸を
ほおづえつけば 流れる涙 あなたが欲しい 春まだ遠いこの街で ひとりじゃ 暮らせない
ああ・・・ お酒ください ああ・・・寒い胸に
涙が凍る心が燃える あなたが欲しい ひとりが辛いこんな夜は あなたを許せない

2021年12月30日

 

北条義時

来年の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」で北条義時が主人公となる。 北条義時は鎌倉幕府2代執権である。 源頼朝の死後、13人の合議制となる。 北条時政・北条義時・大江広元・三善康信・中原親能・三浦義澄・八田知家・和田義盛・比企能員・安達盛長・梶原景時・二階堂行政・足立遠元がメンバーである。 ここから「仁義なき戦い」が続き、最後は北条義時が最高権力を握ることになる。 本屋の店頭にはずらりと関連の本が並んでいたが、個人的には鎌倉時代の武士には興味がない。 承久の乱あたりは見たい気もする。 吾妻鏡が元になっていて、嘘や謎が多いと昔に聞いたことがある。 三谷幸喜が史実とは違って面白く脚本を書いてくれると思います。

2021年12月29日

 

仕事納め

官公庁では12月29日~1月3日までを休日とするように法律で定められている。 昨日は、用事があったのでブックカフェへ行ってみた。 郵便受けに奈良県コロナ対策室より書類が足りないという郵便が届いていた。 申請には見積書・請求書・領収書のコピーが必要ということで、請求書が足りなかった。 案内文書には年内に送ってくださいと書かれていた。 郵便が届いたのは昨日の午後です。 こちらのミスですが、年内ということは28日までということです。 再度、請求書を発行してもらってFAXしました。 いつも思うことですが、電子メールにならないものか?  N-1グランプリの表彰式の案内に参加する場合はFAXでメールアドレスを記入して送ってくださいと書かれていた。 メールアドレスを教えてくれば簡単に送れるのですが。。。 FAXの心配は原稿が裏になっていないか、きちんと届いたか心配になる。 心配になったので電話で確認をした。 電子メールは失敗すればメッセージが表示されるので判断がつくので安心である。 CCかBCCをすれば、他のメールアドレスで確認ができる。 たまたまFAXが使えるようにしてあるので良かったがなかったら苦労である。 まだまだFAXのようなアナログ通信が続きそうである。

2021年12月29日

 

シジュウカラ

シジュウカラ 2021年12月27日

自宅の庭にシジュウカラがやってきました。 ツッピン ツッピン となくのですぐにわかります。  珍しいわけではありませんが、こういう時に望遠レンズがそばにないのでスマホで撮影しています。 カメラを持ってくるころにはいなくなるので、窓越しに眺めています。 すぐわかるのは3羽ぐらいですが、10羽ぐらいの団体さんで来ていました。 

2021年12月28日

 

日の出・日の入時刻

冬至は1年で一番夜が長いが、日の出の時刻は、というと遅いわけではなさそうである。 昔なら理科年表をみていたが、ネットで時刻を直ぐ調べることができる。 以下は奈良市内である。  冬至の12/22の日の出時刻は7時00分、日の入時刻16時51分。  きょう・12/28の日の出時刻は7時3分、日の入時刻16時54分。 日の出の時刻は1月14日までが7時4分で以降は段々早くなってくる。  日の入りは11月28日~12月12日が16時46分で冬至よりも早く日が暮れている。 因みに参考に見ているのは国立天文台の暦計算室→各地のこよみである。 二十四節気を計算しているのがここである。 あらかじめ計算はできるが春分の日・秋分の日は国立天文台が発表をしないと決められないのである。 カレンダーの印刷となると9月ごろには始まっている。 大きなカレンダーをもらうこともなくなったのでパソコンで印刷するか、スマホで見るかのどちらかである。 日めくりは最近見ないが大手の印刷会社ではなく専門の会社が作っているようである。 スマホには「scCalendar」「今日の暦」を入れている。  お店用には100円で簡単なカレンダーを買ってきた。 書き込みができるスペースが必要である。 お店の出入り口には日程表のホワイトボードも用意している。  最近のカレンダーは二十四節気や雑節まで記入されていない。 戸惑うのは月曜日から始まるカレンダーである。 週休二日が当たり前になった今は土日が週末のような気分になる。 ISO(国際的な標準化機構)の勧告で「週の始まりは月曜日」となっているから、これに従っているカレンダーが月曜日始まりのカレンダーである。 年内の営業は昨日で終わり、今日は掃除をして1月10日より営業をする。 

2021年12月28日

 

初雪

今日は積もるかと思わせる雪が山添村広瀬で降りました。 夜の9時現在では天気予報と違って雪は降っていません。 この冬一番の寒さで公衆トイレの男子用のバルブを閉めてきました。 多目的トイレは大丈夫です。 寒い冬に家の中にこもるとついついテレビをダラダラと見がちですが、万葉集を取り出して読んでいるところです。 万葉集には雪を詠んだ歌が150首以上もあります。 有名なのは巻第三・三一八 山部宿禰赤人の「田児の浦ゆうち出てみれば・・・」ですが、違う歌を味わってみます。  巻第二十・四四八八 三形王「み雪降る冬は今日のみ鶯の鳴かむ春へは明日にしあるらし」 意味は次の通りです。 雪の降る冬は今日まで。鶯がなく春は明日からでしょう。 天平宝字1年(西暦757年1月31日)12月18日に三形王の家で催された宴の時に詠まれた歌です。 この日は、立春の前日になります。 実際に鶯が鳴くのはまだまだ先です。 三形王は772年に無位より従五位下に叙せられ、779年に従四位下に昇ったが、782年に日向介に左遷される。 氷上真人川継の乱に関連していると思われる。 桓武天皇を呪い殺す呪法を行った罪で任国配流に処せられる。 以後の消息は不明。

2021年12月26日

 

創味シャンタンDXとウェイパーの違い

創味食品が製造し、廣記商行が販売していた商品が「ウェイパー」であった。 のちに「味覇」として販売された中華調味料である。 勘違いをしていて、今使っているのは赤い缶の「味覇(ウェイパー)」であるが製造が変わっているので、昔の「ウェイパー」の味は白い缶の創味シャンタンDXになる。 2015年4月からなので、「ウェイパー」に慣れている。 新ウェイパーは廣記商行にレシピが教えられていないのでまったく新しい味になっているようである。 ウェイーパーというブランド名で買い続けているので味が変わっても気にしていませんが、創味シャンタンDXの味は興味があります。 味の比較ではシャンタンの方が上品・胡椒が効いている。 ウェイパーはうまみが強い、塩味が濃いという意見がネットの意見にある。 チューブ入りは全く別物のようです。 焼きめし・野菜炒め・ラーメンに少し入れるだけで美味しくなるので使っている。 中華生めんでスープがないときは中華調味料は簡単で助かる。

2021年12月25日

 

ユズ酒

今年はユズがたくさんとれたので、知り合いや親戚にもあげたが、まだ大量に残っている。 昨日は、8ℓの瓶にユズ酒を作ってみた。 レシピよりもかなりユズが多い目に入れてある。 氷砂糖を1kg・ホワイトリカーを3600CC、あとは柚子が瓶に入るだけ入れてみた。 白い皮を剥かずに4等分して入れたので、おそらく苦いと思う。 1か月後に味を見て実は取り出したほうがよさそうである。 飲むのは3か月後である。 まだ、残っているので次は丁寧に白い皮を剥いてから作る予定である。 外果皮は砂糖漬けにしてピールに、身はジャムにしてもいい。 ところで、ギンバイカの果実酒は12月5日に作っているが年明け早々に味を見てみようと思う。 こちらもホワイトリカーを2本使った。 ただし、氷砂糖は2kg使っている。 ほとんどレシピを無視している。  土蔵の中は梅干しと果実酒だらけになっている。 また、値段のことを書くが柚子1kgは1500円はするようである。 2ℓ瓶で柚子が500gである。 500g×4で2000gの柚子である。 ホワイトリカーは3600ccで900ccの4倍で間違いない。 氷砂糖は300g×4で1200gで少なめである。

2021年12月25日

 

ニギス(メギス)

この間、伊勢に行ったときにおはらい町でメギスの干物を買ってきた。 おかげ横丁はこの中の一角である。 干物しか興味がなかったので赤福も行かずに戻ってきた。 赤福餅は近鉄沿線であれば大阪・奈良・京都でも売っている。 名阪の針テラスにもあるぐらいである。 針テラスは土産物を買い忘れたときに便利なようである。 干物は塩が効いたものが多いが、これはあっさりとしていた。 ちょっと塩をふるか、ポン酢で食べたらよさそうだ。 ユズが残っているのでユズも使いたい。 メギスは正しくはニギスというそうである。 名前も形もキスに似ているがまったく別物である。 さんまの丸干しを探していたが、さんまがとれないので作っていないそうであった。 このサンマは油が落ちたやせたサンマでないと加工ができない。 アジの干物も買ったが金目鯛も買うと3000円にしますと店の人はいうが、いらないので断った。

2021年12月24日

 

キムチ チャーハン

忙しい時に簡単に作れて後片付けが楽なのが「チャーハン」である。 レシピまでは見なかったが、材料はご飯・塩コショウ・たまご・ごま油・ウィンナー・キムチである。 あとは調味料に創味シャンタンを使っている。 オイスターソース・コチュジャンがあるとなおよさそうである。 レシピを探すと結構人気があって、卵を目玉焼きにする物もある。 ご飯が残ったときに便利である。 昨年まではご飯が余ったら雑炊にしていた。 キムチも酸味が出てきても使えるのでいい。  

2021年12月24日

 

クリスマス

早くからスーパーなどのお店では飾りつけもされ音楽も季節の曲が流れている。 クリスマスはイエス・キリストの誕生日ではなく、誕生をお祝いをする日だそうである。 昨日は1日早いが、生ハムとローストビーフを買ってきて日本酒を味わってみた。 鶏肉は苦手なので使わない。 付き合いで唐揚げがあるときは一個で十分である。 苦手なものは丸のみして酒かビールを流し込んでいる。 水っぽい鶏肉が特に苦手である。 たれか胡椒で舌をごまかさないと無理である。 焼き鳥も串1本で十分である。 先日、知り合い4人で竹灯りを見に行ったが、帰りは鶏肉専門店であった。 野菜とウィンナーを食べていた。 シメは塩ラーメンであったが、ここにもキチンとチキンが入っていた。 一人住まいの私は年末年始のことしか頭にない。 ことしもあと1週間となり、下水道組合の引継ぎ、神社のしめ縄・門松・牛玉宝印の護符の準備もある。 食品売り場ではいつもと違い、数の子・棒鱈・かに・エビなどが多く並んでいる。 カニはいつもよりも高いので値段を見るだけで買うつもりはない。 驚いたのはナマコである。 一匹が1900円であった。 これもあきらめた。 昔なら年末に散髪に行ったが、12月の初めに行っているのでどうしようか迷っている。 ブックカフェは12月28日~1月9日は休みにする。 あすの25日はお店では知り合いだけで忘年会をする。 気になるのは野菜の値段でキャベツが100円前後から30円ほどあがっている。 ダイコンは1本150円でいつもの値段であろうか。 白菜が1/4カット・98円で売っていた。 全般的に葉っぱものの野菜があがっているような気がする。 長ネギは植えていないが鍋物に使う野菜は畑にある。 ごぼうも掘ってみようと思う。 

2021年12月24日

 

冬至祭

12月22日は冬至祭があった。 神事としておこなっているのは珍しいかもしれない。 北欧のユールと似ていて、おそらくは衰えた太陽の力の復活を祈るのである。 昔は地区の行事であったが、今は老人講が代わりにおこなっている。 拝殿では東向きに祭壇を作りお供え物をする。 長老が神主となって、全員が大祓を唱える。 そのあとは直会となる。 一人用の鍋物となっている。 時代とともに変わっていて段々簡略化をされている。 いまは午前9時に始まっているが、日の出前に昔は集まっていて、日の出とともに大祓を唱えていたようである。 直会も地元でとれた野菜ですき焼きをやっていたそうである。 豆の煮物・里芋の煮物などの料理を当屋が準備をしていて女性は苦労だっただろうと思う。 いまは仕出し屋に任せている。 集まって飲食をするのが楽しみであったのだろう。  夏は農作業が忙しいので行事は秋から冬に多い。 いずれの神事も農事に関係している。

2021年12月24日

 

ヒノナとユズ

今年はユズの実が多くなったので、親戚に持って行った。 ヒノナが思った以上に育ったので間引きも兼ねて引いた。 これも一緒に渡してきた。 いつもは買っているそうなので、喜んでいた。 夏野菜は失敗が多かったが、冬野菜は天候に恵まれてうまくいっている。 種まきは何回かに分けて蒔くのも効果があった。 タマネギは意外と難しい。 肥料は多すぎてはベト病にかかるし、少ないと育ちが悪い。 草引きも大事である。 肥料が足りないのか生育が悪そうである。

2021年12月21日

 

ios 15.2

i-PhoneのOSが2021年12月14日にアップデート・リリースされている。 i-Phone13の関連、Apple ID, その他バグ修正、プライバシー、機能向上などがおこなわれている。 15.1から15.2なのでアップデートしたほうがよさそうである。 今のところトラブルはなさそうである。 いつものことであるがアップデート後の1週間はバッテリーの減りが早い。 Wi-Fiがないとアップデートはできない。 ルーターのそばでアップデートをすれば問題ないが、中継器のそばで使っているのでイマイチ調子が悪い。 途中で止まると面倒なのでiTunes経由でアップデートをおこなっている。 バックアップも出来るので安心である。 Apple IDというのは、デジタル遺産機能により、死後のiCloudアカウントと個人情報にアクセスできる人を故人アカウント管理連絡先として指定ができる。 Googleであれば逆に死後に自動削除ができる。 死後のデータの管理を考えている人は少ない。 私も死後のデータ管理を考えたことがない。 スマホのパスワードは家族にわかるようにしておいたほうがよさそうだ。 後に残ったものが整理するときに苦労をする。 若くても明日のことは誰もわからない。

2021年12月21日

 

伊賀市島ヶ原 竹灯りの宴

2021年12月18日 鸕宮神社(うのみやじんじゃ) 鸕(ロ)は鵜(訓読み:ウ)のことですが、鵜(音読み:テイ)は元々中国ではペリカンだそうです。 ということで、ウは本来の字が鸕(ロ)になるそうです。 これが正しい字になるわけです。 難しい名前の神社の読み方は大変です。

2021年12月18日

2021年12月18日

2021年12月18日

2021年12月18日

12月18日は伊賀市島ヶ原の「竹灯りの宴」に行ってきました。 山添村広瀬からは自動車で約30分です。 毎年おこなわれているようですが、新型コロナウイルスの影響で時期をずらしたようです。 当日は会場近くの「鸕宮神社(うのみやじんじゃ)」でお神輿のお渡りがあるようです。 日本で一番遅い秋祭りと書かれています。 もう、冬ですが。。。。 階段を降りたところに御旅所がありました。 駐車場には、お神輿がトラックの荷台にのっていました。 階段は125段ありました。 夕方には社殿にお神輿が移動していました。 三重県に多いのですが、ここも多くの神様が合祀されています。 近くに正月堂がありますので、東大寺の関係が深いようです。 お目当ての「竹灯り」ですが、ボランティアの方々が苦労をして点火をされているのですが、風で直ぐに消えていました。 寒いので、早々と帰ってきました。 屋内では、演奏会がおこなわれていました。 島ヶ原は耐火煉瓦に使われる粘土の産地です。 

2021年12月19日

 

祭りの世話役

門松・しめ縄

お供えもの

来年は熊野神社の宮年預(みやねんにょ)にあたっているので、しめ縄・門松の準備がある。 なお、宮年預とは地元では祭りのお供え物の準備、境内の掃除をするなどの世話役のことをいう。 世間一般の祭りの世話役ほどの中心ではない。 神事の進行中は表に出てくることはない。 祭りの中心は当屋といって秋祭り・稲荷祭りでそれぞれに当番がある。 それとは違って年4回(神官がくる行事)の行事のお供え物の準備が主である。  初祈祷、初午祈年祭、秋祭り、新嘗祭・稲荷祭りの4回である。 初祈祷には半紙に厄除けの文字を書き、牛玉宝印(ごおうほういん)を押してウルシの木に貼る。 山へ行ってウルシの木の準備もある。 昔は、苗代の田の畔に刺していたので各戸(約40戸)分の準備をしていた。 今は1本だけ神事に使う。  年4回の神事はすべて農事に係わる行事であった。 今は老人講でおこなっている冬至祭は地区の神事であった。 これは、冬至の日におこなう。 昔は日の出前に熊野神社へ行って日の出のときに神事をおこなったそうである。 冬至は「日短きこと至る」を意味していて、冬至の前後になると太陽の力が弱まって魂が一時的に仮死し、太陽の帰り来る「一陽来復」によって再びよみがえると考えられた。 例として車折神社では冬至から立春まで一陽来復のおふだの授与がある。 

2021年12月18日

 

紅葉鑑賞

熊野神社のイチョウの葉が散って、老人講のメンバーで境内の掃除を先週の土曜日におこなった。 例年ならばどこかの紅葉名所へ出かけるところであるが、都合が付かず行きそびれた。 今日ぐらいからさらに寒くなるようである。 畑仕事も少なくなる。  自宅の庭の夏野菜の後片付けもようやくおこなうことができた。 ネーブルとリンゴが枯れたのでこれも片づけて自己所有の山に枯れ木を捨ててきた。 跡地にはネーブルとスダチを植えている。 今年の春に収穫したタマネギは夏を越すと芽が出てくる。 捨てる物も多いが、20個ほど芽の出たタマネギを片づけた後に植えた。 春になれば、ネギの代わりとして使える。

2021年12月14日

 

エセ関西弁

2015年の日経新聞からの引用である。 標準語と関西弁のアクセントは逆だといわれるが、関西弁で話す関東出身者が「あんたエセやろ」と突っ込まれるようである。 次の例文で偽物がバレる。 「うさぎのいる所を左に曲がって」 うさぎは「ぎ」だけが高い。 左は「り」だけが高い。 バナナ・カブト・最後は真ん中だけが高い。 つくえ・なまえ・氷は高い音程が続く。 関西のアクセントは千年前からほとんど変わっていないようである。 抑揚や会話のオチ・ノリ、練習しいやとのこと。

2021年12月14日

 

南天

花の少ない12月に赤い実はアクセントになってよい。 野鳥の餌が少なくなると南天の実も無くなる。 母はお赤飯を炊いたとき、重箱に詰めて南天の葉っぱをのせていた。 若いころは気にすることもなかったが、一人住まいで高齢者になってあの時はなぜこういうことをおこなっていたのだろうと思い出すことがある。 南天の音が「ナンテン」で「難転」に通じるところから吉祥の木とされてきた。 葉っぱに毒消しの意味があるようである。 南天は福寿草と一緒に盆栽にすると「禍を転じて福と為す」となり、縁起物として使われる。 山添村では古い人は南天のことを「ナッテン」という。 アクセントも関東と違う。

2021年12月14日

 

熊野神社のイチョウ

2021年11月16日

日の出後の光が黄金色になるときに撮影しました。 このときはまだ葉が青かったようです。 今は散って枝だけです。 手前の柿はそのままになっていて、最後にはカラスに食べられます。

 

行きしなと帰りしな

京都弁で「行きしな」「帰りしな」を耳にするが、奈良の北東の山間部でも使う。 行きしなは行きがけ、帰りしなは帰りがけのこと。 けなりは岐阜の方言のようにネットでは出てくるが意外と使われているところが多い。 けなりーとか、けなるいは東京を除く本州全域で話されている言葉である。 東京で使われなかったので共通語にならなかった。  うらやましいの意味である。 名古屋ではやっとかめという。

2021年12月12日

 

ホウレンソウの間引き

2021年12月9日

昨日は、暖かい一日でした。 二日続いた雨も止んで畑が気になったのでメインの畑に行きました。 ここが真ん中あたりで、順番にダイコン・ホウレンソウ・ヒノナ・ニンニク・ヒノナ・お休みの土地(ジャガイモ用に空けています) 見えない反対側にタマネギを植えています。 冬野菜が終われば耕してジャガイモを植えます。 ホウレンソウは適当に種をまいたので詰まりすぎです。 畑の近くのおばさんにきくと一畝に2条だそうでした。 つまりは2本の畝を使う量です。 今ならサラダにでも使えるし、湯がいて冷凍にします。 ヒノナはこのぐらいでいいそうです。 近所ではヒノナの収穫が終わっているところもあります。 雨が降らず1度種まきに失敗して、2度目の種まきなので遅くからの栽培です。 ホウレンソウの間引きが終わるとタマネギの畝の草引きを行っています。 一般的には黒いマルチを使いますが、私は使いません。 マルチの後片付けに困るのと肥料がやりにくい・遅くまで敷いていると暑さで焦がしてしまう。 畑仕事は7年目になりました。 最初の頃とは栽培するものが変わりました。 本だけではなく、土地の人に聞くのも重要です。 エンドウは中間地では11月上旬までになっていますが、12月になってから種まきをします。 早すぎると霜に負けてしまいます。 早速、種まきをしました。 連作がダメなので、ネットのそばに蒔きました。 春になってから蒔いてもいいのですが、1か月ぐらい遅くなります。 ローテーションを考えると夏野菜の植え付け場所を空けておく必要があります。 寒くても雑草は生えます。 今日も朝から草引きの続きをします。 野菜の栽培でタキイ種苗のホームページが参考になります。
https://www.takii.co.jp/tsk/manual/ で出てきます。

2021年12月10日

 

公衆トイレ

コンビニのない田舎で困るのがトイレです。 広瀬には2か所あります。 山添村内には他にもあります。 時間を見つけて探してみようと思います。 googleで「山添村 トイレ」で検索すると西波多の上津ダム、北野のフォレストパーク神野山などが表示されますが、これだけではありません。

2021年12月9日

 

N-1グランプリの結果

N-1グランプリの投票は締め切られています。 結果は1月に発表されます。 表彰式の案内が届きました。 二人が参加できます。 参加はFaxで送ってくださいと書かれていてメールアドレスを記入するようになっています。 個人的にはメールアドレスを記入するならばメールで申し込みできるようにしてほしい。 まだまだFaxの利用がされているようです。 個人はFaxでのやり取りは不便です。 届いたかどうかも心配になります。

2021年12月7日

 

味の素とハイミー、いの一番

朝食にはお味噌汁を作るがいつもはカツオ風味のだしを入れる。 もう少し味を濃くしたいとなると味の素かハイミーが必要になる。 こだわる人にもよるがデミグラスソースにはハイミー、カレーには両方である。 コクを出すのがハイミーのようである。 昔行っていた居酒屋では、おでんは鶏ガラスープと味の素がベースだった。 別のお店は関西の出汁である。 関西風のおでん、つまりは関東煮になる。  もちろん醤油と酒・みりん・塩も入る。 関西では昆布とかつお節の出汁が一般的である。 醤油は薄口しょうゆを使う。 真っ黒けの出汁だけは今もガッカリである。  スープにハイミーがいいが、野菜炒めにハイミーもよさそうだ。 炒め物にいつも創味シャンタンを使うが、次にハイミーを試してみます。  今日はプロショップでハイミーを買いました。 「味の素」「ハイミー」「いの一番」が並んでいました。 どう違うのでしょうか? 味の素の構成比率 グルタミン酸ナトリウム:97.5% イノシン酸ナトリウム:1.25% グアニル酸ナトリウム:1.25%。 価格は1kg:724円  ハイミーの構成比率 グルタミン酸ナトリウム:92% イノシン酸ナトリウム:4% グアニル酸ナトリウム:4%。 価格は1kg:1585円 いの一番 グルタミン酸ナトリウム:92% イノシン酸ナトリウム+グアニル酸ナトリウム(リボヌクレオタイドナトリウム:8%) ハイミーと似ていますが比率は不明。 価格は1449円 価格は価格ドットコムを参照。  グルタミン酸ナトリウムは昆布のうまみ成分、イノシン酸ナトリウムはかつお節のうまみ成分、グアニル酸ナトリウムはシイタケのうまみ成分です。 味の素は昆布だしの料理や、魚介類の風味が邪魔になるときに使う。 湯豆腐や野菜のスープにおすすめ。  ハイミーやいの一番は植物系の食材と動物系の食材が混ざりあうような鍋料理に使う。 湯豆腐を作るときには昆布で出汁をとっているので、味の素がなくても困らないが、あったほうがよさそうだ。 

2021年12月6日

 

OfficeのAccessの初心者

Accessはまだまだ初心者ですが、使っていてやりたいことがたくさん出てきます。 最初からテキストを読んでいたら挫折したと思います。 ゲームのデータベースを作りながら拡張をしています。 直ぐに作り替えれるところがリレーショナルデータベースの良いところです。 今まではデータ型はオートナンバー型、短いテキスト、数値型だけでした。 数値型は意識をしていなかったのですが、-32768~+32767の整数になっていました。 気が付いて32767を超える整数は長整数型に変更しました。 今まで実数を使っていなかったので小数点付きの数値を入力をすると整数に化けてしまいます。 数値型はさらにデータ型の変更が必要でした。 何でも長ければいいものではないので必要なもののみ倍精度浮動小数点型にしました。 実数は浮動小数点数を使うようです。 計算に使うと誤差が出ます。 計算には使わないので問題なく倍精度浮動小数点型にしました。 書式を固定して小数点の表示位置を固定します。 小数点以下表示桁数は1桁でいいので1にします。 これで、「285.5」は「286」ではなく「285.5」と正しく表示されました。 有効桁が7桁の+3.4×1038までの浮動小数点値に収まるので単精度浮動小数点数でよかったようです。 仕事で数十年間データベースを作っていましたが、この手軽さは驚きです。 当然ながら個人用のデータベースなので作り変えても誰も文句はありません。 仕事ではおいそれと作り変えなどできませんのである程度冗長度を持たせて作ります。

2021年12月6日

 

とれたて市ひぞっこ

2021年12月6日 小雨模様の曇天です

いろんなところで話題になっていましたので、「とれたて市ひぞっこ」へ行ってきました。 とれたて市ひぞっこは伊賀市平野西町にあります。  三重県下最大級の農産物直売所がホームページのタイトルに表示されています。 JAいがふるさとが経営をしています。  奈良県下ではJAならけんの経営で「まほろばキッチン」がありますので、同じような内容です。 さて、とれたて市ひぞっこですが、売り場面積は約700平方メートルあり、伊賀の農産物や伊賀のお土産が中心に並べられていました。 コメコーナーは伊賀米のコシヒカリが並んでいました。 精米も無料でおこなってくれるようで次回に利用しようと思います。 駐車場も広く約200台駐車できるようです。

2021年12月6日

 

ムラサキカタバミ

2021年11月13日 ムラサキカタバミ

 

windows11の再インストール

最近デスクトップパソコンの通信が途切れたり、動きが重くなってきたので、再インストールをした。 最初はユーザーデータを残して再インストールをしたが、まったく通信がつながらなくなったのでクリーンインストールをおこなった。 手間がかかるが快適に動くようになった。 考えてみれば毎月Windowsのインストールをやっている。 おかげで、手順は慣れたものである。 データはパソコンにはおかないので、いつでも再インストールができる。 戻すデータはホルダーごとまとめてネットワークディスクに入れてあるのでどのパソコンからでもすぐに復旧ができる。 ストレージをSSDに替えたので尚更復旧が早くなった。

2021年12月5日

 

ギンバイカの果実酒

2021年11月16日

2021年12月3日

ギンバイカ(マートル)を収穫しましたので果実酒にしました。 昨年は花が咲かず収穫ができませんでしたが、今年は約1㎏収穫することができました。 葉はハーブとして利用されています。 ローズマリーやレモングラスと同じような効果があります。  度数の高いウォッカなどに葉っぱをつければチンキになります。 抗菌作用や殺菌作用があります。  実は小さいのでブルーベリーのようにはそのまま食べません(甘くはない)ので果実酒や加工用に用いられます。 ギンバイカは原産地が地中海なのであまり寒いところには向かないのですが、広瀬は山添村では一番暖かいところなので問題なく育っています。 8ℓの瓶で少し大きすぎました。 同量の氷砂糖を入れ、1800mℓのホワイトリカーを入れました。  意外と知られていないのが、なぜ果実酒に氷砂糖を使うのか? 砂糖を入れると濃度が濃くなり、浸透圧により果実のエキスが出やすくなる。 氷砂糖は普通の白砂糖に比べて徐々に溶け出すので浸透圧の関係上アルコールが先にしみこむというわけです。 徐々に果実が熟成し味がまろやかになります。 砂糖を入れると腐敗防止にもなります。 1か月後に実を取り出してから氷砂糖を入れる方法もあるのですが、忘れっぽいのでそのまま入れました。 ところで、果実酒の瓶は季節商品なので今頃の季節はほとんどお店にありません。 ナフコ、ジュンテンドーにはないのでビバホーム名張店で買いました。 隣に万代名張店があるので、ここでホワイトリカーと氷砂糖を買いました。

2021年12月5日

 

プロパンガスの値段

プロパンガスはメーター付きで基本料金と使った量で支払うが、古いところではボンベ売りもある。 ただしメーターがついている。 以上があった時停止するためである。 昨年は8kgで5000円を切っていたが現在は7000円まで値上がりしている。 このところ、ガソリン・灯油・電気代など高くなるものばかりである。 メーター付きで基本料金1600円、従量単価380円が平均である。 10㎥で5400円である。 都市ガスの例であるが基本料金759円、5㎥従量料金725円で月額合計1484円。 プロパンガス基本料金1752円、5㎥従量料金2670円で月額4422円となる。 御覧のようにプロパンガスは都市ガスよりも高いのである。 但し使用量が増えると1㎥あたりの料金が安くなるように設定されている。 例を挙げると6.5㎥で5203円、12㎥で8050円である。 私の場合、今年の11月検針分。 今回使用量2.0 基本料金1870円、従量料金1227円で3097円である。 今月より1立米当たり25円値上げを致しますと書かれている。 都市ガスならば12立米で2499円である。 プロパンガスは5・6人の家族であれば12㎥で8050円である。

2021年12月2日

 

卵のサイズと重さの関係

サイズは主にL・Mがある。 先ほどの卵はLであったのでMならどれだけの重さになるか? 規格は次のとおりである。 LL:70g以上76g未満 L:64g以上70g未満、M:58g以上64g未満、MS:52g以上58g未満、S:46g以上52g未満、SS:46g未満。 ある程度の量がないとうまく準備できない。 出汁を減らして試すしかなさそうである。

2021年12月2日

 

茶碗蒸し

熊野神社の銀杏もすっかり落ちました。 銀杏を拾ってきましたので銀杏を使った料理を考えてみたいと思います。 銀杏は1年以上置いておくと美味しくありませんのでその年に採れたらそのシーズン中に消費するのがベターです。 あぶって食べるのが簡単ですが、もう少し工夫をしたい。  銀杏も実が黄色いのと緑色があります。 色の違いはクロロフィルの量だそうです。 どちらがいいのかというと緑色です。 あぶって皮をむいたら緑色だったら当たりです。 銀杏の種類にもよりますが、長期保存をすると黄色になるそうです。 昔は居酒屋で銀杏をよく頼んでいました。 おでんに入っている銀杏が冬の楽しみでした。 さて、表題の茶碗蒸しですが日頃はパック入りの茶碗蒸しを買ってきます。 ことしの冬は手作りをしてみようと思いました。  蒸し器は餅をつくときに使っていましたが、電動の餅つき機があるので長らく使っていません。 その餅つき機も一人住まいでは使いません。 正月は食品スーパーでお飾り用の丸餅とサトウの切り餅で事が足ります。 ここは一人住まいで時間制限がありませんので今日は練習がてらに茶碗蒸しを作ろうと考えています。 ところで、作り方ですが大事なのは卵と出汁の関係でしょう。 卵と出汁は1対3となっています。 卵1個に対して出汁が180mℓになります。 固まらなかったり、「す」が入れば失敗になります。 いろいろなレシピをみますが私はシンプルでいいと思います。 4人分で卵L2個、出汁360mℓ、塩小さじ1/4、鶏肉(もも肉)20g、かまぼこ4枚、しいたけ4枚、三つ葉・・・適宜となっています。 醤油を使わない人もいます。 これに、銀杏を追加します。 カニカマ・エビ・ユリねもあればいいですね。 鶏肉が苦手な人はブリの切り身はどうですか?  出汁は白だしがいい。 レシピにはないが手間を省くにはミックスシーフードを使う手もある。 蒸し器がなければ圧力鍋も使えます。 

2021年12月2日

 

初霜

展示会は無事終わりました。 ご来場ありがとうございました。 イベントが続き久しぶりに畑へ行きました。 昨日はこの冬、初めて霜が降りました。 隣の集落では皇帝ダリアが霜にやられて真っ黒けになったそうです。 名阪では気温が6度だったそうです。 広瀬の集落は山添村でも暖かいほうで寒いところと比較して2・3度は違います。 県道80号線の奈良名張線を走る方ははそろそろタイヤ交換をしたほうが良さそうです。 凍結は雪だけではありません。 アスファルトに薄っすらと降りた霜が意外と滑りやすいので日陰は注意が必要です。 地元の奈良・三重ナンバーは分かっていると思いますが、凍結を知らない大阪・浪速・和泉ナンバーをみたらスピードを出していて大丈夫かなと心配になります。

2021年11月30日

 

蟷螂

読み方の難しい字に「蟷螂」がある。 62.9%の人は「かまきり」と読んでいるが、27.1%の人が「とうろう」と読んでいる。 2.9%が「かまぎっちょ」と読む。 どれも間違いではなく、使う意味によって使い分けをするそうである。 祇園祭の「蟷螂山」は「とうろうやま」とも「かまきりやま」とも読むことがあるそうである。 灯籠のついでにのせてみました。 灯籠と灯篭はどちらが正しいのか? 新字が「篭」で旧字が「籠」のようです。 他に7画目が横棒の籠もあるようで、漢字の出現頻度数調査では一番多いそうです。

2021年11月27日

 

竹灯籠の展示会

2021年11月26日

2021年11月26日

2021年11月26日

2021年11月26日

2021年11月26日

五月川センターの2階で展示会がおこなわれています。 期間は11月26日~11月28日です。 詳しくはお知らせに載せています。

2021年11月27日

 

アオキの箸

熊野神社の祭にはお供え物に箸も準備をする。 どこで間違ったかウルシになっていた。 ウルシは初祈祷の苗代の供え物に使うのでこれと勘違いをしたのだろう。 こんどは宮年預なので、この初祈祷の準備もある。 昔のことを知っている人に箸のことを聞いたらアオキであった。 アオキは野山で冬に赤い実をつける。 葉っぱの青さも力強いのですぐにわかる。  ネットで調べたらアオキの箸があった。 1膳が9680円もする。 何故、祭にアオキの箸を作るのかそれはわからない。 正月の門松の松・シダ・しめ縄の準備もある。 お供え物は引継ぎの書類にあった。 引継ぎといっても渡されるだけなので分からないことが山盛りである。

2021年11月25日

 

Officeのバージョン

お店のデスクトップパソコンのOfficeのバージョンは2010である。 余裕がないのでそのまま使っている。 Windows7で貰い物であったが、Windows10にバージョンアップした。  メールに添付でExcel2016のファイルが届くといつも印刷がずれるので困る。 WordやExcelでは昔から印刷がずれることがあったので事前にバージョンをきいていた。  最近は、ノートパソコンでPDFにしてからデスクトップへ保管をしている。 PDFはこういう問題が起こらないので最終的な保管物はPDFで残している。 ノートパソコンは私しか使っていないが、デスクトップは皆が使っているのでいろいろ工夫がいる。 最近メールがOutlook2010で受け取れなくなったのでGoogleChromeでメールを受け取るようにしている。 ノートパソコンのOutlook2016では問題なく受け取っている。 こちらでPDFに変換してUSBでデスクトップへ貼り付けている。 会社ではバージョンを揃えないとトラブルで苦労をする。

2021年11月25日

 

金星

ことしの5月~12月は宵の明星として日の入り後の西の空で輝いている。 明るいのですぐにわかる。 月と金星が並ぶときがあるが、これもきれいである。 来年の1月上旬には内合といって太陽と同じ方向に位置するので見えなくなる。 1月下旬には明け方の明けの明星として見えるようになる。

2021年11月25日

 

データベース

データベースを作成するには色々なソフトがあるが、一般的なものはAccessである。 最初は見た目がExcelと似ているが全く別物である。 フィールドの属性(データ型)は厳格で数値とテキストは混ぜて使うことはできない。 Excelで困るのは空白と0である。 マクロを使えば一列を0に置き換えることも簡単である。 表を作っていてゼロクリアーしたい時がある。 先頭に0を入れて以下をコピーでもよいが回数が多ければ面倒である。 この操作をマクロの記録を使えば、何度でもボタンひとつで可能である。 さらにマクロを変更すれば応用もできる。 このようにしてExcelマクロをおぼえた。 そして、Accessも色々やるうちにレコードの件数を計算するにはどうすればよいかと考えたらマクロの作成である。 数十万件であろう写真の管理を何とかしたいと考えたらマクロが必要になる。 古文書のExcelシートをAccessに取り込んだ。 こちらも利用しやすいように工夫がしたい。 ゲームにも使っているが、「覇王の天下」というゲームを2年ぐらいやっていてようやく真ん中ぐらいのレベルである。 ここで、戦国武将が登場する。 現在登録しているのが89人である。 これだけ武将がいると物理的に強いのか戦略的に強いのかなど数値で登録をしておくと実際のゲームでどの武将を配置すると効率がよいかなどを検討できる。 レア度も気になる。 カードゲームであった、UR・SSR+・SSR・SR・Rなどである。 URはウルトラレアで最強であり希少である。 現在8人である。 レベルというのも重要である。 最高はSSR+お市がLV92になった。 最近登録できたUR立花道雪LV72が10番目で力強いのが気に入っている。 ちょこっと一時間ぐらい遊ぶにはちょうどよい。 勝負よりも木下秀吉・梵天丸・長尾景虎などが登場するのが面白い。 課金をしていないので対戦では、ほとんど負けている。 このゲームは課金をしないとなかなか勝てないようになっている。 歴史ファンなので楽しんでいるわけである。 今川義元はやっぱり弱い。 竹中半兵衛はSSR+竹中重吉として登場する。 正しくは竹中半兵衛重吉だったと思う。 大谷刑部はUR大谷吉継で登場する。 アイテムによって強くなっていくのはドラクエなどのRPGにもあった。 夢中になってドラクエをやったのが懐かしい。

2021年11月25日

 

道楽

道楽とは本業以外の趣味などにふけって楽しむこと。 特に、酒色やばくちなどの遊興にふけること。 身持ちが悪いこと。 時代によって意味が異なったり品がないとか言われる言葉は数々ある。 お前は御前・貴さまは貴殿でもともとは尊敬語であった。 この道楽であるが、「道を解した楽しみ」という意味があった。 仏道修行よりも、単なる楽しみに徐々に傾いていき、趣味などに没頭して得る楽しみの意味になった。 道とは一般的には道路のことであるが、茶道などにみる精神神髄の事も言う。 道楽とは本来はこちらであった。 ゴルフはスポーツとして認められているが「ゴルフ場利用税」がかかる。 スポーツの中で税金が課されるのはゴルフだけである。 田舎では金持ちの道楽にしか見てくれないところもある。 土日が15000円で平日が5000円なんて値段の設定は不思議である。 軽自動車で行くのも格好が悪いので人に乗せてもらうという人もいる。 私は、興味がないのでテレビでみるぐらいである。 暇があったら畑仕事をします。

2021年11月23日

 

勤労感謝の日

昭和23年に制定されたが、元は新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)である。 趣旨は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」である。 勤労感謝の日といっても新穀の収穫に感謝する日なので、もう一つピントこない。 新嘗祭は古来からの行事で、宮中の行事であった。 農村では新嘗祭と言ったほうがわかりやすい。 実際に神社で神事をおこなう。  勤めている人に合わせて最近は近い日曜日におこなわれている。 昭和のころはこの日迄新米を食べることは無かった。 

2021年11月23日

 

Webブラウザー

インターネットエクスプローラー11は2022年6月15日にサポート終了になる。  人気はどうであろうか? 2021年6月現在の日本国内のランキング。 Chrome91.0が34.81%、Edge91が15.93%、Chrome for Androidが14.06,Chrome90.0が6.47%、IE11.0が4.58%、Safari14.1が4.39%、Firefox89.0が4.27%、Safari14.0が3.17%、360Safe Browser0が0.93%、Chrome89.0が0.92などとなっている。 世界でもChrome91.0が46.41%で断然トップである。 現在の私はChrome96.0を最も使っている。 次にFirefox94.0である。 半年も経つとバージョンアップをしている。 Edgeは96.0になっているが、ほとんど使わない。

2021年11月22日

 

一太郎

日本語ワープロソフトに「一太郎」がある。 まだまだ、根強いファンがいるようである。 またまた先日のパソコン修理依頼者から、今度はプリンターが使えないのでWordが動くパソコンで印刷したいという。 Wordは2007以降はファイルを開くこともできない。 Word2003の形式で保存しても完全互換ではないので罫線がずれたりする。 最後にたどり着いたのが「一太郎ビューワー」である。 表示と印刷ができるので一太郎がなくても印刷ができる。 何とか印刷ができた。 WordやExcelでも2007以降とそれまでのファイルは互換性がなかった。 一時はExcel ViewerやWord Viewerを使ったこともある。 わざわざWord2003やExcel2003の形式でファイルのやり取りをしていた。 現在はoffice2010まではサポートされていないので、知らない方も多いのではないか。 ところで、一太郎の人気は個人の趣味や縦書き中心の人には便利である。 横書きやビジネスにはWordのように世界を済み分けているようである。 縦書きが中心の日本語ワープロが90年代前半まであった。 富士通のオアシス、シャープの書院、NECの文豪、東芝のルポなどである。 私は、Windows3.1のWord6.0,Excel5.0が始まりである。 まだOSは16ビットであった。 Windows11は64ビットしかないので随分と変わったものである。 昔はマニュアルがあったが、現在はHelpで画面を調べることになる。 Windowsのリファレンスマニュアルはかなり分厚かった。 

2021年11月22日

 

サロン活動

サロン活動は集まる機会が難しかったので、今年は配りものにしている。 先週、国華園に行ったときに一緒に葉ボタンを参加メンバーに2本ずつ買ってきた。 白と赤で正月にいいと思って会った人に話をしたら、皆さん喜んでいた。 私にとっては何よりである。 最初はクリスマスローズを探していたが、見つからなかった。 70歳以上の高齢者にはクリスマスよりも正月だと一人納得をした。

2021年11月22日

 

ブートセレクト

Windows11のインサイダープログラムを利用しているが、OSの起動選択(ブートセレクト)を間違って設定していたので動きが悪くなっていた。 調べてみると順序がハードディスクが1番目になっていた。 思うように起動しないので、使わないストレージは全てディセーブルにした。 SSDのみにしたので問題なく動いている。 マザーボードはM2.SSDが使えるようになっているがしばらくはSSDを使う。 ブートセレクトの変更は昔はBIOSといっていたが、最近の機種はUEFIという。 昔はキー操作のみであったが、今はマウスが使える。 便利になったが、使い方を間違えるとわけが分からなくなるので慣れない人は十分気を付けてほしい。 このあいだのパソコンの修理依頼者には後日に別の話があって、古いパソコンにプリンターのドライバーを入れたらフリーズしてしまった。 これは、電源長押しで電源を切り、セーフモードで立ち上げたら動いた。 失敗したらクリーンインストールになるのでバックアップするように話をした。 新しい装置は余り古いパソコンには繋げられない。 古いプリンターを使うのであればOSは古いままにする。

2021年11月21日

 

オノマトペ

物が発する音を字句で真似たものを擬音語、状態や感情等の音を発しないものを字句で真似たものを擬態語という。擬声語というものもあるが、これは擬音語と同じであろう。 この概念を表したものがオノマトペと言われている。 日本語に訳すと数が多いので何が一般的かよくわからない。 カタカナでオノマトペと書くのが無難なようだ。 昨日、一昨日にサトイモを食べる機会があって、親芋はパサパサしていた。 赤芽大吉はホクホクとした感触であった。 石川早生はツルッと皮がむけてヌルットとしている。 細かい説明がなくても分かるのがオノマトペの便利なところである。

2021年11月21日

 

イベントが続きます

昨日は、竹林整備を近畿大学の学生さんとボランティアの有志で一緒におこないました。 村役場から竹の粉砕機(チッパー)をお借りしていましたので、広報担当の方に来ていただきました。 チッパーは11月になって新規で購入されています。 山添村の広報誌に掲載されると思います。 皆さんお疲れさまでした。 N-1グランプリは11月15日に締め切りになっています。 ご協力ありがとうございました。 発表は2022年1月になります。 竹工房は11月20日が年内の最後になります。 来年は3月の第3土曜日が最初になる予定です。(冬は寒いので休みます。)  竹灯籠 作品展が近くの五月川センターにおいて11月26日~11月28日の予定で開催されます。 詳しくはお知らせのページを参照してください。 11月21日は熊野神社の新嘗祭・稲荷祭です。 11月28日は老人講があります。 12月1日は熊野神社の一日参り、「さへ」 と言って集落の毎月の行事である。 冬至の日は冬至祭が行われる。 1月7日は「おこない」がある。 祈祷行事で、西迎寺(般若心経を唱える)・熊野神社(大祓を唱える)でおこなった後、農事祈願の神事をおこなう。 当番(宮年預)は「牛玉宝印」を持って天地東西南北に向かって「天地東西南北」と唱える。 たまに方角を間違える人がいて面白い。 もちろんやり直しをする。 そのあと参列者の頭に「牛玉宝印(ごおうほういん)」を押す。 奇祭かもしれない。 半紙に牛玉宝印を押しハゼノキに貼る。 昔は苗代にさしていた。 来年は宮年預にあたっている。 二人なのでもう一人(お隣さん)か私が当番である。 宮年預は年4回の神事の世話役である。 しめ縄・お供え物・祭の幕・提灯の飾り付けなどである。 集落の神事は全て農事に関係している。

2021年11月19日

 

正月菜

正月菜が収穫できるまでに大きくなった。 2か月で収穫できるので重宝している。 種になるまで畑に置いておいたので、ことしは買わなくても済んだ。 ツケナとも言っておひたしや汁の実等に使える。 小松菜よりも葉が薄く、色も薄いので引き抜いてから余り日持ちがしない。 軟らかいので食感はいい。 東海地方で多く栽培をされていて正月の雑煮に使われる。 適当にバラまいたので間引きもかねて収穫をした。 おひたしにしてかつお節をまぶし醤油をかけるだけである。 醤油は各地のかけ醬油を使う。 今は、京都の松野醤油が気にいっているのでほとんどこの醤油である。 紅葉が見頃になったら鷹峯へ行きたいものである。 豆腐は嵐山の森嘉へ行きたい。 ここの揚げもおいしい。 南禅寺の湯豆腐は値段の割にがっかりなので行かない。

2021年11月18日

 

ノートパソコンの再インストール

最近、ノートパソコンの動きが悪いのでWindows10のクリーンインストールをやってみた。 データはNASにあるしアプリはデスクトップにもあるので全部削除しても問題はない。 アイコンの間隔が空きすぎるので、regeditでIconSpacingとIconVerticalSpacingの値を-1500から-1125に変更した。 Windows7にはコントロールパネルにあったが、削除されている。 アプリは本人確認で2段階認証が増えてきた。 手元にスマホを置いておかないと確認できない時代である。  古いメールアドレスでパソコンのメールが届かない。 デスクトップのほうで、ユーザープロフィールのメールアドレスを使えるメールアドレスに変更した。 こういう時にパソコンが2台あると助かる。

2021年11月18日

 

ガソリンの価格

昨日、名張へ行くときにガソリン価格が170円であった。 針テラスで先週ガソリンを入れたが158円であった。 軽トラに25ℓ入ったので3950円、名張で入れたら4250円である。 差額が300円でお茶代が出てくる。 全国では165.5円がへいきんである。 三重県は161.1円となっているが伊賀市・名張市は高い。 山添村内にもガソリンスタンドはあるが、伊賀・名張と同じぐらいに高い。

2021年11月18日

 

ブロッコリー

ブロッコリーの収穫時期を近所の人にきいてみた。 あまり大きくなりすぎると花が咲くそうである。 それと、脇芽が出ているので引かずにそのままにする。 脇芽が大きくなると小分けしなくてもいいサイズになる。 食べ方は色々あるが塩ゆでにしてフリーザーパックにいれ、冷凍するのが良いそうである。 余り茹ですぎないのもコツである。  冷凍のままお弁当に入れるとお昼にはとけていい感じになる。 お好みでマヨネーズかドレッシングを付ける。 ちょうどゲソがあったのでブロッコリーと一緒にマヨネーズで食べてみた。 うーん美味しい。 ミニトマトとレタスがあればサラダにもなる。 ブロッコリーは捨てるところがないので葉や茎も食べたほうが良い。 茎はサラダ以外にスープ、炒め物にする。 固ければ皮をむく。 薄切りにすれば、味や食感がアスパラガスに似ている。 

2021年11月18日

 

Windows XP

古いパソコンに最近のプリンターをつないだが、うまくいかないという相談を受けた。 何と2001年9月にリリースされた「Windows XP」である。 CPUはPentium4である。 プリンターのドライバーは無いと思う。 そろそろパソコンを買い換えたほうが良いのではと話をした。 ネットに繋げていないそうでワープロがわりであった。 単純に動くのと気持ちよく動くのは中身が違う。 せめてマイクロソフトのサポートがあるOSを使ってほしい。 

2021年11月17日

 

ムラサキカタバミ

近所の空き家に昔から咲いている花が気になっていたので調べてみた。 植えているのかと思ったら雑草であった。 カタバミ科カタバミ属の植物で外来種である。 日本産のカタバミは黄色で小さい。 鱗茎が増えるので深く掘って取り除くしか駆除の方法がないようである。 背が低いので草刈りもできない。 紫色の葉っぱが美しい園芸品種のオキザリス・トリアングラリスもカタバミである。 

2021年11月16日

 

金剛輪寺 明壽院

2021年10月18日 藤袴とアサギマダラ

 

朝の霧

2021年11月15日 自宅の前 窓を開けると御覧の景色です。

午前7時になって、日が差してきました。 今朝は、霧が濃いので良い天気になると思います。 少し寒かったので、この冬はじめて朝にストーブをつけました。 気温が15℃になったので現在はストーブを消しています。 熊野神社のイチョウも黄色くなってきました。

2021年11月15日

 

Office365を使っての感想

Teamsは名前の通りで、個人のみで使わないので評価はできない。 あくまでも、職場で使うものである。 PowerPointは主にプレゼンテーションに使えるが私は写真の書類作成に使っている。  村役場に書類を提出するときは、写真付きが多くなったのでWordやExcelよりも使いやすい。 Publisherは名刺・チラシなどの見た目が大事なものに使うソフトであるが私は使っていません。 OneNoteは手帳やノートのように使うソフトですがほとんど使いません。 メモはスマホの「メモ」を使います。 わざわざパソコンを立ち上げるのは面倒です。 ビジネスであればタブレットで使うと思います。 Accessはデータベースのソフトで結構使っています。 慣れるまではExcelとの違いがわからないとか、難しそうというイメージがありますが、基本的な操作がわかれば難しくありません。 Outlookはメールソフトとして使っています。 スマホに同期ができるのでメールが届いているかスマホで確認をしています。 WordやExcelは普通に使います。 自宅用ではWord・Excel・Outlookが入ったPersonalが一般的だとおもいます。 Office365はPowerPointやAccessもついているので私個人としてはお得だとおもいます。 職場用にはProfessionalでPowerPoint・Access・Publisherがついています。 永続版アプリは2007/2010/2013/2016/2019と3年ごとに更新されましたが、今回は2年後の2021が10月に発表されました。 これは、Windows11の発表にともなるものと考えられます。 永続版のPersonalは2台のPCしか使えませんがOffice365のPersonalは無制限にインストールできます。 ただし、同時使用は5台までです。 一人で、3台のパソコンを使う時もあります。 Office365はいろんな種類があって、使っているのはApps for businessなので5台しかインストールができません。 使う用途によってソフトを選択しないと無駄な買い物になります。

2021年11月15日

 

畑の様子

2021年11月9日 メインの畑 手前から「日野菜」「ホウレンソウ」「ダイコン」「タマネギ」 右側は果樹です。 これから剪定をおこないます。

2021年11月9日 資材置き場の前 「キャベツ」「ハクサイ」 見事に昆虫に食べられました。 奥は「ゴボウ」、左の奥は「ダイコン」「正月菜」です。

2021年11月9日 3番目の畑 「九条フトネギ」「ブロッコリー」

遅くからまいた日野菜・ホウレンソウが芽を出しました。 ブロッコリーはまもなく収穫です。 ところでブロッコリーとカリフラワーの違いは分かりますか? 見た目と味だけではありません。 ブロッコリーは茹でるとビタミンCが損なわれますがカリフラワーはビタミンCが損なわれません。 植物繊維も豊富です。 ブロッコリーは特にカリウム・タンパク質・葉酸・リン・βカロテンなどの栄養素を多く含んでいます。 冬は特に美味しい時ですのでたくさん食べて寒い季節を乗り切りたいものです。 好みがありますがクタクタにならない程度に茹でて食べるのが良いと思います。

2021年11月12日

 

皇帝ダリア その2

2021年11月11日 旧広瀬保育所

旧広瀬保育所に皇帝ダリアが咲きました。 寒さに弱いのですが、広瀬は山添村内でも暖かいほうなのでそのままでも年を越せそうです。 近所では他にも見ますが植え替えをしなくても毎年花が咲いているのを見ます。 現在は空き家になっていて年に数回帰ってきますが、庭木の手入れは職人に任せているようです。

2021年11月12日

 

パソコン修理のその後

先日の知り合いのパソコン修理は無事終わりました。  新たな問題がネットワークの相談です。 ここの家は道路をはさんで(2mほど)隣に別棟があります。 そこに依頼人の書斎があります。 そこは隣とも接近していて電波の干渉が起こっているのが想像できました。 順番に光ケーブルが入っている母屋でホームゲートウェイを確認しました。 続けてルーター、中継器の機種と設置場所を確認しました。 2階にホームゲートウェイとルーターがあり、1階にコンセントに差し込むだけの中継器が2カ所ありました。 別棟は新型の中継器よりそのまま受信していました。 inSSIDerをパソコンにインストールしてSIGNALとCHANNELを確認しました。 信号は-65dB(今回の測定)を下回っていてネットが時々切れると聞いていたので納得できました。 さらに隣家の通信のチャンネルが重なっていました。 一番安上りなのが中継器を2段使う方法です。 1階の古い中継器を別棟の中に移動して設置しました。 効果があって-50dBぐらいまで改善しました。 CANNELの重複もなくなりました。 ネットの動きもよくなり劇的に改善されてホッとしました。 次に、メールが受信できないようなので確認するとOutlookの認証が必要で本人はパスワードを忘れたようです。 マイクロソフトへ電話をして媒体を取り寄せる(有料)しかありません。 そこで、Google Chromeを知らないようだったのでダウンロードして本人立ち合いでGmailの登録をおこないました。 ネットの登録で本人確認のためパソコンのメール登録、スマホのメール登録はしておいたほうが良さそうです。 電話番号は固定電話を登録していてメールでの確認ができません。   私はOffice365があるので関係ないですが、無料版のOffice365Premiumも検討の価値があります。 ただしクラウドでしかデータの保存ができません。 Excelのマクロが使えない。 Accessが使えない。 などの制限があります。

2021年11月11日

 

国華園 日本菊花全国大会

2017年11月9日 国華園・和泉本店

昔は和泉市にある和泉本店で日本菊花全国大会が行われていました。 現在は貝塚市にある二色の浜店において11月23日までの予定で開催されています。 近くには二色の浜公園・海浜緑地があります。 ほとんど毎年行っていましたが、もう4年もたっています。 3年ほど大菊を育てましたが、手入れが大変なのでやめました。 畑仕事が中心になり、庭仕事が2番目になりました。 私には食が一番大事です。 コロナ感染症の影響もあり写真撮影に出かけることもほとんどありません。 ちょっとした写真はスマホで十分です。

2021年11月11日

 

皇帝ダリア

2021年10月18日 日野ダリア園

11月になって皇帝ダリアが各地で咲き始めました。 原産地がメキシコなので暖かいところを好みます。 大きいものは5m程度になります。 茎だけを見ていると竹を思わせます。 11月に植物園へ行く機会が少なかったので、手元に開花の写真がありません。 あらためて写真を撮ってきます。 11月は菊を見に行っていましたので関心がありませんでした。

2021年11月11日

 

立冬

昨日は立冬でした。 毎度になるEXCELの計算です。
7=INT(8.2396+(0.242469*(2021-1900))-INT((2021-1900)/4))
以上のようになり、11月7日は立冬になります。 暦の上では冬になり2月初旬の立春までが冬になります。 お手紙には「立冬を迎え、暦の上ではふゆとなりました。」などと書くことになります。 それを思わせるのが明日からは寒くなりそうです。 今年の冬は燃料代・電気代・ガス代など高くつきます。 10月には食用油・乳製品・小麦粉などが値上がりしていました。  一人住まいは暖房費が無駄になるので極力、台所と居間ぐらいに引き籠ることになります。 灯油もそろそろ準備します。 野菜は値段が落ち着いているようです。 上っているのは次の通り。  茄子は3本190円で先週に比べて+21円。 さつまいもは1本211円で先週に比べて+21円。 タマネギ小3個が136円で先週より+32円。 北海道産(北見・ふらの)が入荷不安定です。

2021年11月8日

 

ディスる

若者の言葉で「ディスる」がある。 意味はけなす事のようである。 尊敬しないなどの意味の英語の「disrespect(ディスリスペクト)」が語源である。 リスペクトは重視、尊敬という意味である。 なんでも名詞に「る」をつけて動詞にしてしまう。 若者の言葉は短縮が多いので聞いていてよくわからない。 意味は違うのであるが、ITの用語には「ディセーブル 【disable】 」がある。 無効にする、無能力にする、停止させる、失格にする、などの意味がある。 BIOSを変更していると【disable】が出てくる。  起動ドライブから無効にしたいときに選択をする。 有効にするのは「イネーブル」(enable)である。 ちょっと面白い辞書が発売されている。 ちょっとだけ紹介をします。 タイトルに常識に抗う(あらがう)と書かれています。 【しあわせ】洗脳。思い込み。錯覚。 【ぽじてぃぶ】 何も学び取ろうとしない、最低な思考。【みんなおなじ】 無意味で、無価値で、救いようのない言葉。

2021年11月7日

 

パソコンの修理

先日、知り合いに頼まれたデスクトップパソコンの修理はハードディスクの交換だけで済みました。 費用は4800円です。 家電量販店では修理代が5万円と言われていたそうです。 面倒だったのは回復ドライブディスクがなかったことです。 DELLのパソコンでタグ番号と機種で回復ドライブのダウンロードを別のPCでおこないました。 昔は付属していましたが最近は付いていませんので起動後にUSBなどに自分で作成します。 ハードディスクが壊れたときやシステムが不安定になった時は必要になりますので絶対に作っておきましょう。 以前はDVDやCDに回復ドライブを作成していましたが、最近は32GBのUSBを準備します。 システム修復ディスクというものが場合によってはあるようですが、データの修復はできませんので回復ドライブが最終の回復処理になります。 完全なバックアップではないのでファイルバックアップは別に取っておく必要があります。 ホームページはデスクトップで作成していますので定期的にサイトのエクスポートをおこなってNAS(ネットワークアタッチトストレージ、ネットワークHDD)に保管しています。 いざという時はインポートで復旧できます。 バックアップの取り方にも注意があってこのアプリのバグだと思いますが、まとめて複数のサイトをバックアップしたときに読み込みできませんでした。 古いバックアップからの復旧で痛い目に遭いました。 泣くに泣けません。 時間をかけて戻すしかありません。 テキストの復旧は割と簡単なのですが写真に時間がかかります。 ただし、改行がうまくいきませんので手作業で改行を一個一個削除してENTERを押します。 写真を探すのも一苦労なので、最近は年度ごとに写真を保管しています。 写真の元の容量が大きいのでPhotoshopで圧縮をしています。 名前も連番にするようにしています。 ファイル名は日本語がダメなので英字+数字になります。 日本語のファイル名を使うと転送の時に写真がエラーになります。 ホームページビルダーには随分泣かされました。 バグがあってもうまく付き合えば便利なソフトです。 5サイトがあるので1サイトごとにバックアップをとっています。 バックアップをしていても安心していてはいけません。 復旧方法も確認しておきます。 大銀行や通信サービスの会社で大事故を起こしているのはこのあたりに問題があります。 先日のSATAケーブルですが、電源の線と通信の線は別なので両方準備が必要です。 ケーブルの長さも色々あるので事前に確認が必要です。 部品交換は趣味でこんなことを40年ぐらいやっているわけです。 SSDの交換をやりながら、「M.2」が気になります。 「エムドットツー」といいます。 古いマザーボードには取り付けができません。 見た目は薄くてメモリーカードです。 旧規格がmSATA SSDで転送速度が6Gbpsですが、新規格のM.2 SSDの転送速度は10Gbps~32Gbpsとなっています。 高速ですが、消費電力が大きく発熱が高くなります。 SATAは安価・省電力のメリットがありますが、速度はNVMe(不揮発性メモリ・エクスプレス)より遅くなります。

2021年11月6日

 

タマネギの苗

自家の苗づくりは難しいもので、9月にプランターへまいたタマネギはうまく育っていません。 細いまま定植をしましたが、心配なので伊賀市青山羽根のコメリへ行ってきました。 余談ですが、伊賀市の合併前は青山町と言っていました。 どういうわけか旧青山町のゴミ処理は伊賀市ではなく名張市でおこなっているようです。 名賀郡も消えてしまいました。 明治までは伊賀市と名張市の一部は伊賀郡でした。 明治になり伊賀郡と名張郡が合併して名賀郡になりました。  市町村合併で三重県では村がなくなりました。 奈良県は積極的でなかったので村が数多く残っています。 さて、タマネギの苗は販売時期が外れたのか既に完売状態です。 土付きの値段が高めの苗がありましたが目的の品種ではないのでやめました。 元気のない苗がありましたがそこまでは買うつもりはありません。 春になれば、ジャガイモの準備もあるので空けておきます。 500本植えた苗は定着した様子です。 黒マルチをしていないので、草引きも必要です。 いろんな考え方があるのですが、黒マルチを夏まですると太陽熱で焼ける場合があります。 それと、黒マルチの処分にも困ります。 肥料を蒔くときも面倒です。 

2021年11月5日

 

下駄の雪

最近、聞いた言葉であるが「下駄の雪」である。 政治の世界の言葉であるそうだ。 ここのページでは、政治の話は合わないので詳しくは載せません。 「踏まれても離れない」「強いものにくっついている」「うっとうしい」といった意味があります。 何となくどこかの話のような気がします。 どちらかというといい意味ではなさそうです。 履物に雪駄があるが、こちらは下駄よりも雪がつまりにくいようだ。

2021年11月4日

 

サトイモの収穫

サトイモ 2021年11月2日

サトイモの収穫をおこないました。  とりあえず5本だけ掘ってみました。 まずまずの収穫です。 ある程度は種芋に残して煮しめにして食べます。 サイズを比べるためにミニスコップを置いていますが、掘るときは木柄ショベルで一気に土を起こします。 赤い茎は茹でてズイキにします。 青い(緑色)茎は使いません。 信号は緑色でも青信号といいます。 

2021年11月3日

 

こんにゃく芋の収穫

こんにゃく 2021年11月2日

こんにゃくは植えてから3年過ぎてようやく収穫ができます。 いつもながらそのままでは食べられない、しかもヘルシーな食べ物をどうして人間は食べるようになったか不思議に思います。 見ての通りサトイモに似ています。 サトイモ科コンニャク属の植物です。 畑を荒らすサルやイノシシは食べません。 昔は木灰であく抜きをしましたが、最近は水酸化カルシウムを使うそうです。 どういうわけか料理に使うときは水酸化カルシウムで肥料は消石灰といいます。 同じ成分です。

2021年11月3日

 

Pass Mark

          NLPC、 ASUS、 lenovo、 評価
CPU       core i5-9400F 、core i7-5500U、 core i5-2450M  
         第9世代、    第5世代、    第2世代
PassMark Rating     1728.2 、1670.0、 213.0  
CPU Mark      10016.1 、3178.4 、2431.3、 2500以上
2D Graphics Mark    201.4 、300.9、 15.8  
3D Graphics Mark      508.9 、731.5、 297.6  
Memory Mark      3014.8 、2017.5 、1920.0  
Disk Mark      5321.5、 1807.4 、726.8 、SSD が望ましい

ハードディスクからSSDの入れ替えをおこなったのでPassMarkで3台の自宅のパソコンのベンチマークテストをおこなってみた。 CPUはi5以上というが世代も関係していてメルカリには気を付けないといけない安物があるそうである。 せめて第8世代以降のCPUを買ったほうが良い。 特に中古は危ない。 私は安くてもメルカリを使いません。  ストレージにはM.2 SSD/SSD/HDDなどがある。 SSDは粗悪品にSDカードやUSBカードをSSDに改造した物があるので注意。 第2世代のi5のCPUは2431.3で2500より下である。Windows11のテスト用マシーンとしてネット検索に使うぐらいである。 第9世代の10016.1は10000を超えているのである程度のゲームには使えるCPUである。 ただし、グラフィックボードが安物なのでゲームとしては使い物にならない。  SSDは第9世代と第5世代のマシーンに入れてみた。 圧倒的な差がついている。 メモリは規格の変更で差がついている。 グラフィックはゲーミングパソコンが第5世代のノートパソコンに負けている。 これは一番安いボードなので仕方がない。 ゲームをしないので問題はない。

2021年11月2日

 

ハードディスクの交換

知り合いにパソコンの修理を依頼された。 BIOSの画面でハードディスクが認識されていない。 見たところ、ハードディスクが壊れている。 音がしないのでまさかケーブルのコネクターの接続不良か、順番にあたるしかない。  ハードディスクは信頼性と価格の差により色々あるが、7・8年前の廉価版のデスクトップパソコンなので、SATA接続の3.5インチの内蔵ハードディスクである。  ストレージは4種類あってATA・SATA・SCSI・SASである。 SCSIはサーバー・パラレル通信で利用されている。 ATAはIDEとも言っていた。 現在は少なくなりSATAに変わりつつある。 パソコンはSCSIよりSATAが安いのでSATAがほとんどである。 SASはシリアル通信かサーバーで使われるので、一般的には馴染みがない。 SATAはシリアルエーティーエーと言っていたが、最近の人はサタと言っているので私もサタと呼ぶ。

2021年10月30日

 

秋の夜長

2008年4月13日 広川寺 大阪府河南町

2008年4月13日 広川寺

2008年4月13日 広川寺

2008年4月13日 広川寺

2008年4月13日 広川寺

2008年4月13日 広川寺

2008年4月13日 広川寺 西行墳

秋の夜長とは秋分の9月23日以降をいうそうである。 すっかり、コオロギも鳴かなくなり、静寂そのものである。 こんな時はラジオを聴いていたが最近は読書をしている。 今読んでいるのが白洲正子の「西行」である。 「願わくは花のしたにて春死なむそのきさらぎの望月の頃」 臨終のころに詠んだという人もいますが、亡くなる約10年前という説もあります。  西行の和歌は日付が無いのでいつか分からないのです。 広川寺は西行終焉の土地です。 文治6年2月16日に73歳で入寂と書かれています。 如月の望月(2月15日頃・陰暦の満月)というのは、現在の暦では3月中旬である。 西行が愛した桜は「山桜」です。 広川寺は葛城山の大阪側の麓にあります。 ここから葛城山へのハイキングコースがあります。 一度登ったことがあります。 西行記念館は開館期間が限定になっています。 4月1日~5月10日、10月20日~11月30日です。 本坊は期間の制限はありません。

2021年10月28日

 

エクスペリエンス 【experience】

エクスペリエンスとは、経験、体験という意味の英単語である。 ITの用語としては機器やシステムとの関わりを通じて得られる体験の総体、およびそこから生じる印象や認識のことをいう。 例としてはパソコンの能力を調べる時にWindows10まではコマンド入力で調べることができた。 コマンドプロンプトから「winsat formal」と入力するのである。 以下は省略。 ところがWindows11は管理者モードにしてもディレクトリをc:に移動できなくなった。  探せばあるものでfreesoftがあった。 最高点は11だったと思う。  プロセッサはデスクトップ(core i5-9400F)が9.1,5年前のノートパソコン(core i7-5500U)が8.5、9年前のノートパソコン(core i5-2450M)が8.3である。 ハードディスクは5.9だったのでSSDにすると8.2に上がった。 ゲーミングパソコンというのにグラフィックスは5.1である。 安物のグラフィックボードなので仕方がない。 SSDを使ってみて思うのはできればパソコンにはSSDを入れたほうがいい。 特に早いプロセッサ、メモリであればハードディスクが足を引っ張る。 要はトータルバランスである。 Windows11に変更して操作が変わったところがあるが、悪いOSでもない。 プロセッサはi5以上がおすすめである。  ある程度の速いプロセッサと8GB以上のメモリがないとWindows10よりも動きが鈍くなる。 古いパソコンはWindows10で動かしたほうが良さそうである。 それにしても、コマンドプロンプトに制限があるのは残念である。 段々、システムの中身は触れないように隠す傾向になる。

2021年10月28日

 

ご当地クエスト

最近、スマホのゲームでご当地クエストが話題になっている。 高山クエストをダウンロードしてみた。 昔の初代ドラゴンクエストの雰囲気である。 開発費用は1000万円までで、本格的なゲームの数億円と比較はできない。 グラフィックは大したことはないが十分楽しめる。 お店に立ち寄るとご当地のお店の紹介がされる。 観光ビラづくりよりも安くついて地元の話題作りにもなって評判が良いそうである。 関係ないが、ホームページをプロに頼むと最低でも200万円ぐらいはかかる。 本格的なホームページは作れないが、このページはホームページビルダーと無料のサーバーで立ち上げている。 HTMLとCSSでプログラムができれば、もっとかっこよくできるが、他にやりたいこともあるので、このまま継続する。

2021年10月27日

 

祭の世話役

広瀬では神事が年4回あって、山辺地区の神主に自治会は頼んでいる。  山辺地区の神社の中心は天理市にある石上神宮である。 現在は天理市であるが、古くは山辺郡石上郷に属する古留山の西北麓に鎮座している。  広瀬の熊野神社は奈良県神社庁天理山辺連合支部に属している。 今年も2か月余りとなると神社暦が気になる。 この暦は各神社で発行をされているが、発行編者は土御門文書編纂所である。 神社の一覧表が違うだけで他はほとんど同じである。 安倍晴明を祖とする直系の土御門家が存続の危機にひんしているという。 子孫はいるが、継承の意思はなく、星で吉凶を表す暦づくりが途絶える可能性が出てきた。 陰陽道はフィギュアスケートで脚光を浴びたが、イメージが先行し、にせ陰陽師が頻繁に現れるようになったそうである。 各神社は土御門文書編纂所から買い求めているので、神社暦が無くなるかも知れないのである。 さて、祭の世話役であるが、来年の当番になった。 正月の神社のしめ縄を飾ったり、門松を立てる。 年4回のお供え物の準備を二人でする。 お供え物の塩サバを調理する必要もある。

2021年10月27日

 

自動車の車検

乗用車の車検の連絡がいつもの整備工場からありました。 代車を用意してくれていました。 自動車にはあまり興味がないので詳しくは知りませんが、最近の自動車は押しボタンでエンジンの始動・停止をおこなうようです。 アクセルの感覚が慣れないので車庫入れをして多分乗りません。 3日間は軽トラのみの運転になりそうです。 直前にタイヤ交換・バッテリー交換・オイル交換を済ませているのでちょっとは安くなるかと思っています。 車検が終われば、遠出もしたいものです。

2021年10月26日

 

タマネギの苗

10月25日は久しぶりの雨でした。 雨が上がればタマネギの苗の定植です。 今回は、畑の近くに住むおばさんにタマネギの苗を頼まれていましたのでまとめて買ってきました。 超極早生を100本欲しいということでした。 私は超極早生を200本、晩生を300本です。 中生は安いのですが、今回はやめました。 種まきをした苗も育ってきましたのでこれを使います。 こちらは中生で普通栽培です。 サラダに使う赤タマネギは種からです。 ホームセンターも色々あって、苗の管理の悪いところへは行きません。 高くても元気な苗を買ってきます。 タマネギ・サツマイモは管理が悪いと枯れてきます。 前回、苗が良かったので「農業屋」へ行きました。 今回の苗は100本で990円です。 苗1本が約10円で耕運機の燃料代・肥料代も入れると30円ぐらいにはなるでしょう。 1個70円のタマネギと比較してコスパは大したことはありません。 春先の採れたての新タマネギを食べたいので作るわけです。 あとは貯蔵用です。 まだ今年の収穫をしたタマネギを食べています。 芽が伸びているタマネギは葉っぱだけ切って使っています。 最後は玉のまま植えておけば分球して育ちます。 これは、自家消費です。

2021年10月26日

 

内蔵型SSD

464GB・内蔵型SSDが到着しました。 梱包を開けてから分かったのですが、接続のSATAケーブルは付属していません。 仕方がないので、ほとんど使わないDVDドライブのケーブルを外して接続をしました。 ハードディスクよりSSDにコピーをおこない、クローンディスクを作成しました。 約1時間ぐらいの作業です。 次は起動ドライブの変更です。 SSDは認識がされているが一覧表に出てきません。 最終的にはハードディスクを起動ディスクから無効にして作業完了です。 Windowsの立ち上がりの速さが実感で分かります。 これで、バックグラウンド処理があってもストレスがなく作業ができます。 起動ドライブの変更はBIOSの変更でおこないますが、現在はUEFIになっています。 UEFIの説明書はありませんのでネットで調べるしかありません。 UEFIはマウスでも操作できるので使いやすいですが、機能を理解していないとパソコンが動かなくなる場合もあります。 内蔵型SSDの使用量は203GBで空きが260GBで問題なさそうです。 ディスクにはアプリが主でデータはパソコンにはほとんど保管しません。 データはNASに入れていて複数のパソコンからアクセスできるようにしています。 

2021年10月26日

 

URLの変更

来年4月のサーバーのサポート中止によりサーバーの変更を行いました。 久しぶりにリンク先の設定変更をおこなっています。 古いリンク先の登録をされていますと更新がおこなわれません。 来年の9月にはwebcrowのサーバーは完全削除されます。 グーグルマップの「ウェブサイトを開きます」の登録も変更になっています。

2021年10月25日

 

夏野菜の後片付け

トウガラシとピーマンは元気がなくなってきたので引き抜きました。 遅くから植えたキュウリが伸びてきましたのでそのままにしています。 多分、無駄だと思います。 苦土石灰と堆肥を蒔いて耕しました。 11月に植える予定のタマネギの定植に使えます。 11月はスナップエンドウの種まき・葉物野菜の種まきもできます。 残念なことは雨が降らないので種まきはできません。

2021年10月23日

 

外付けSSD

IT関係の話ばかりになるが、昨日外付けSSDを買ってみた。 前回の6000円の外付SSDはお店に無かった。 たまたま5000円のギフト券があったので5000円ほど足した。 残念ながら内蔵SSDは無かった。 買ってから分かったのであるが、説明書を読むと起動用ドライブとしては使えませんと書いてあった。 外に書いて欲しかった。 半分がっかりである。 データのバックアップには使える。 メインのパソコンのデータのバックアップは前から必要であった。 安いSSDのパッケージをみると接続のケーブルがないものがあった。 くれぐれもSSDはハードディスクの代わりにならない物もありますので注意をしてください。 さっき、アマゾンでクルーシャルのSATA接続のSSDを発注しました。

2021年10月23日

 

Office 2010 のサポート

Windows11にアップデートしたらOffice 2010が消えたという話がネットに載っていた。 Office 2010は2020年10月13日に延長サポートが終了している。 マイクロソフトに問い合わせても無駄だと思います。 早めにMicrosoft365またはOffice2019への移行を検討したほうが良さそうです。 プレインストール版は他のパソコンに移せない(ライセンス契約違反)ので注意が必要です。 私はAccessとPowerPointも使いたいのでMicrosoft365 Apps for business を使っています。 これは、Personalでも構いません。

2021年10月21日

 

Windowsの起動ドライブ

ノートパソコンには起動ドライブとしてSSDに変更しているが、Windowsが立ち上がってすぐに使えるのがいい。 アプリの起動も早いのでストレスなく使える。 10年以上になる32ビットのFM-Vをお店で使っているが10分ぐらいはディスクの使用率が100%で落ち着くまでそのままにしている。 いろんな人から、最近パソコンの動きが悪くなったと聞く。 買い替えが一番であるが、先ずはメモリーが4GBであれば8GB以上に追加または交換する。 メモリーはいろんなタイプがあるので、デスクトップかノートパソコンかで違う。 規格はDDR4・DDR3・DDR2・DDR・SDRAMがあり規格が違うと使えない。 さらに細かい規格があって注意が必要である。 次は起動ドライブであるが、新しく買うのであればSSDが良い。 安ければ、アマゾンで5000円からある。 容量は250GB/500GB/1TBなどがある。 今入っているハードディスクと同じでよい。 多いからといって早くなるわけではない。 買わなくても早くする方法はWindowsの再インストールである。 これは、Windowsアップデートでゴミが溜まっているのである。 レジストリーのごみも影響している。 ウイルス対策ソフトはWindows10に機能があるので不要である。 外すと驚くほど早くなる。 デフラグも有効かもしれない。 あとは、チューニングで早くなる場合もある。 起動後に自動で動くソフトも不要であれば止めたほうが良い。 ユーチューブで紹介されているので参考にしたらよい。

2021年10月21日

 

エシャレット

2021年10月19日

9月に植えたエシャレットが大きくなってきました。 収穫は来年の4月頃になります。 ややこしいのですが、日本のエシャレットはラッキョウを生食用に軟白栽培されていて「エシャレット」の商品名で販売されることが多い。 間違いが多いので本物が欲しい場合は「ベルギー・エシャロット」と明示されているものを選ぶそうです。  球根は細長く見分けはつきます。 エシャロットは小さいタマネギです。 ヒガンバナ科、ネギ属、タマネギ種でタマネギの仲間です。 近い仲間はニンニクやリーキ、チャイブ、ラッキョウだそうです。 エシャレットは、タマネギのように太くならず分球します。 これは、ラッキョウです。 あとで、気が付いたのですがラッキョウならたくさん植えていてがっかりしています。 今までのラッキョウは小粒で、これは大粒のラッキョウだったので使えなくも無いなと思っています。

2021年10月20日

 

湖東三山 百済寺

2019年11月21日

2019年11月21日  天気はいいがかすんでいる

2021年10月18日 空気が澄んでいるときは太郎坊宮・安土城・比叡山・琵琶湖の湖水面・比良山系が見える。 真ん中のとがっているのが比叡山。

近江最古の仏教寺院で往時は多くの坊があった。 1573年の信長の焼き討ちによりほぼ全焼し現在の建物は近世以降の再建である。  五木寛之の百寺巡礼にも紹介がされている。 参道には1000本ものミツマタが植えられていて紅葉以外にも4月のミツマタの鑑賞も良い。

2021年10月20日

 

湖東三山 西明寺

2019年11月21日

2019年11月21日

紅葉まではまだであるが、少し色づいていた。 人が少ないときに庭園の散策もいいものである。 以前、落書きの問題があって本堂の後陣は8月~11月の土日・祝日のみの公開となっている。 文化庁の通達もあり、管理上の問題、つまりは少ない人数では多くの職員を配置できないとのこと。紅葉の名所であるが、花の名所なので四季のいずれも出かける楽しみがある。 

2021年10月20日

 

湖東三山 金剛輪寺

2019年11月21日

2019年11月21日

久しぶりに湖東三山へ行ってみた。  金剛輪寺の本坊である明壽院庭園には藤袴が見頃である。 藤袴は9月から10月にかけて咲く秋の七草の一つである。 藤袴は見る機会が無くなって見ても名前が分からない人も多いと思う。 アサギマダラはこの季節は日本列島を南下中である。 青く輝く美しさと優雅な飛び方で人気がある。  スマホをズームして写したのでうまく撮れていない。

2021年10月20日

 

キンモクセイ

2019年9月29日 自宅の庭

 

さといもの収穫

里芋は山野で自生するヤマイモに対して里で栽培されるので里芋という。  先日、東大阪の立ち飲み屋さんに立ち寄った時に今年の里芋がおでんの中に入っていた。 有名な大野芋で例年は11月にならないと入らないが今年は早かったようである。 特徴は粘りが強く、のど越しが良い。 荷崩れしないので煮物やきぬかつぎに合う。 親芋は粘りが少ないのでコロッケなどによいそうである。 自家栽培の里芋は芽出しをおこなっていないので、11月になってからの収穫になる。 里芋はめったに花が咲くことはないので、品種改良で種を採ることはかなりの手間と時間がかかる。

2021年10月20日

 

NTTドコモ 携帯電話 通信障害

10月14日 午後5時頃から突然、スマホが圏外になって使えなくなった。 一時は動いたが午後10時になっても復旧していない。 午後7時57分に復旧したと発表があったそうであるが完全復旧ではなさそうである。 ネットのニュースでは全国規模で復旧のめどがたっていないようである。 原因はネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大によるネットワーク輻輳と発表している。 ネットワークのスイッチングハブに負荷がかかって、「パケット」と呼ばれる通信データが正常に送受信されずに消失することがある。「パケット」を正常に送信できるまで再送信し続けるため、さらに通信速度が低下をする。 テロにでもあったのかと思った。

2021年10月14日

 

Windows11のメモリ使用量

OSは一般的に新しくなるとメモリ使用量が増加する。  8GBのRAMでWindows10を動かしているが、使用中は2.8GB、利用可能が5.1GBである。 Windows11になると使用中は3.9GBまで増えて、利用可能は3.8GBである。 これをアプリを動かしていない状態で計測してみた。  常時4GBぐらい、OSにメモリがとられ残りの4GBでユーザーのアプリ・OSの非常駐部分が入る。 4GBでも仮想記憶にすれば動くが、動きは鈍くなる。 足りない部分はハードディスクやSSDにページングされる。 4GBのRAMではWindows11は厳しいと思われる。 年末に新しいパソコンを買うのであれば、メモリは8GBは最低限必要である。 できれば16GBにしたいところである。 年末商戦にはどんな仕様のパソコンがでるであろうか。 5年以上前の多くのパソコンはWindows11が動かないと言われていてパソコンの需要が増えそうである。 間違ってはいけないのがWindows10は2025年10月14日までサポートされ、まだまだ立派に動くのである。

2021年10月13日

 

デスクトップの背景

背景は好みもあって色々変更をする人も多いかと思う。 私はこだわるほうではないのでインストールの初期画面のままである。 Windows2000まではデスクトップにWebページが表示できたがセキュリティを低下させるためVista以降は廃止となった。 動画を再生することもできたが、これも廃止になった。 画面の関連の話であるが、「スクリーンセーバー」を使うか? 会社では席を離れて関係者以外にみられては困ることもあり、スクリーンセーバーを使うことは多いと思う。 復帰するときはログオン画面を表示させるとセキュリティは安心である。 displayがCRT(カソードレイチューブ)の時代は画面が焼きつくので必ずスクリーンセーバーの設定をしていた。

2021年10月12日

 

草刈り

10月になり、草の伸びは衰えてきたようである。 それぞれの圃場は年内最後の草刈りになると思われる。 ここ数年5枚で2500円のチップソーを使っているが、1枚が1日で切れ味は悪くなる。 ユーチューブでは初心者向けとか言っていた。  別に初心者扱いでも構わないがメーカー表示の5倍長持ちしますは、話に無理があります。  石の多いところはチップが直ぐに飛ぶ。 安物なので研いでまで使うものでもない。 軟らかい草の多いところなのでこれでも構わないが、下草刈りや笹の多いところではもう少しいい刃を使いたい。 せめて1500円ぐらいのは欲しい。 切れ味が悪くなると力が入って疲れも増す。 67歳の現在は踏ん張りもきくが70歳になったら体力の衰えを今まで以上に感じるであろう。  重量の軽い刈払機で楽に草刈りをしたい。 先日買った23㏄の刈払機は軽いので、使う機会が増えた。 平地で面積が広い時は大きな刃で26ccを使う。

2021年10月12日

 

竹藪の整理

夏の間、中止していた竹藪の整理を再開しました。  2年がかりで2反(1反は10アール)の竹藪の整理をおこないます。 今回は真竹の竹藪です。 昔はショウケ(竹で編んだザルのこと)などの竹細工、物干し竿に使っていました。 現在は畑の豆類を植えるときに使っています。(地元では「テー」と言います) イボ竹と同じ使い方です。 竹割り器を使えばアーチパイプの代わりになります。 折れにくいのでパイプよりもいいかもしれません。  目盛りを入れれば物差しの代わりにもなります。 種まきや苗を植えるときに便利です。 タケノコとしても使えますが、孟宗竹のように掘らずに地上部を切って使います。 破竹と同じような使い方になります。 パンダのエサは孟宗竹で、真竹は好みではないようです。

2021年10月11日

 

キーボード設定

日本語でWindowsを使う場合はキーボードは日本語106/109キーボードとして認識される。 ところが英語101/102キーボードを使うときはそのまま使うと当然であるが違う文字が入力される。 アルファベットは問題ないが特殊文字の@は「が入力される。 表示の@を日本語で入力すると”が表示される。 日本語を入力しないときは英語に切り替えて入力する。 @はメールアドレスの入力に使うことが多いので不便である。 そこで米国英語を言語追加した。 Windowsを起動させた直後はIMEの位置にはENGの表示がされる。 IMEに切り替えるにはWinキーとスペースキーを同時に押すと言語が切り替わる。英語101/102キーボードはキーが少なくキーボードが小さいので気に入っている。 デスクトップ用には操作の快適さがが優先なので大きくてもよい日本語106/109キーボードを使っている。 他人が使うこともないので変わった使い方も頭の刺激になって面白い。

2021年10月11日

 

古いパソコンにWindows11をインストール

インストールメディアをUSBに作成します。  BOOTをUSBよりおこないます。 レジストリーの書き換えによりWindows7で使っていたノートパソコンにWindows11のインストールができました。 レジストリーの書き換えはサポート対象外になります。 TPMCheck,RAMCheck,SecureBootCheckの規定値を0から1に書き換えてbypassします。 変更方法は公式には発表されていませんが、海外の情報からユーチューブで流れています。 動きが悪いかと思いましたが、ストレスなく動きますのでこのままWindows11で動かしてみます。 もう一台のノートパソコンはWindows10のままで動かします。

2021年10月9日

 

iPhone13

iPhone13が販売されましたが、既存のユーザーの7割が買い替えを考えていないようです。 思っていたよりも魅力的でなかったことが考えられます。 高い買い物ですからユーザーもよく見ています。 カメラの機能にこだわらなければ5年でも使えます。 5GにこだわらなければiPhone SEでもいいのです。 iPhone8を修理に出して使っていますが問題はありません。 iPhone SEも使っていますが、iPhone8(現在の実売価格は22000円ぐらい)よりも性能が良さそうです。 iPhone SEであれば49800円からです。 iPhone13は98800円から、iPhone13ProMaxは134800円からです。 スティーブ・ジョブズが亡くなって10年になります。 iPhoneはガラスでできているので、傷がついたり割れることもある。 デザインもほとんど変わらない。 最初の試作品はプラスチック製ですり傷がつくような製品は売らないと言ってスクリーンをガラス製に変えさせた。 生きていたらどうしていただろうか? 今もそのままである。

2021年10月8日

 

Windows11

10月5日にWindows11が発売されました。 Windows10から無償アップグレードが可能ですが、6月にアナウンスされてからシステム要件の厳しさは変わっていません。 手持ちのパソコン3台でアップデートできるのは1台のみです。 1台はインサイダープレビューで既にWindows11をインストールしています。 7月5日にプレビュー版を使って3か月になりますが、巷で言われれるようなトラブルは発生していません。 正直なところある程度の性能の高いパソコンでないと使いづらいのではないでしょうか。 操作方法も変わっていますので、仕事に使われる方は慣れ親しんだWindows10を使い続けるのが良いと思います。 昔から言われていることですが古いアプリケーションや機器を繋ぐとドライバーが対応していない場合があって誤作動する場合もあります。 Windows10は2025年までサポートがされます。 新しいことにチャレンジしたい人やトラブルがあっても自分で問題を解決できる人であれば使うのもありかなと思います。 推奨されないパソコンにインストールを試みましたが、途中でエラーメッセージが出て中止しました。 レジストリーを書き換える前だったので今まで通りWindows10を使うことにしました。 変わったところをいくつか紹介します。 タスクバーに日付と時刻が表示されますが、曜日が出ません。 これは標準では省略されているためでコントロールパネルから変更ができます。 メディアを安全に取り外す操作が不要になりました。 今まで通りの操作もできます。  スタートボタンを押すとタイル画面がありましたが、完全に消えています。 おすすめが表示されますが、個人的には目ざわりで必要がありません。 タスクバーからタスクマネージャーが消えました。 Cntl+Shift+Escでタスクマネージャーが動きますが、よく使うのでタスクバーに固定しました。 IE11(インターネットエクスプローラー)は完全に消えました。 マイクロソフトはEdgeを使ってくださいと言っていますが、私はGoogle chromeとFirefoxを使っています。 コルタナ(Cortana)も消えました。 虫眼鏡(検索ボタン)のアイコンをクリックすれば使えます。  エクスプローラーでホルダーやファイルの名前を変更することが多いのですが、名前の変更が一覧になく画面の下にあるアイコンをクリックすることになります。 写真を編集することが多いのですが、エクスプローラーで左や右に回転ができるようになりました。 ウィジットが追加になりました。 天気やニュースを見たいときに使います。 デスクトップの切り分けもあります。

2021年10月8日

 

京野菜

伝統野菜と違って京都府内で取れた野菜を京野菜といいます。 伝統野菜は次の通りです。 野菜ではありませんがタケノコも含みます。 きのこ類、シダ類は含まれません。 栽培または保存されているもの及び絶滅した品目を含みます。 明治以前の導入の歴史を有する。   聖護院だいこん・京みず菜・京壬生菜・加茂なす・京山科なす・鹿ケ谷かぼちゃ・伏見とうがらし・えびいも・堀川ごぼう・九条ネギ・くわい・京たけのこ・聖護院かぶ。 有名な物も多いので、種屋さんに行くと種が売っているものもあります。 ブランド野菜というのがあってさらに高規格のブランド認証基準があるもの。 一番にイメージが京都らしいというのがあります。 伝統野菜以外のブランド認証品目は金時にんじん・万願寺とうがらし・花菜・やまのいも・京かぶ・紫ずきんです。 加茂茄子は京都市内ではなく現在は亀岡市が主産地です。

2021年10月5日

 

伝統野菜

各地には伝統野菜があって、ネギには奈良県に「大和ふとねぎ」があります。 形は下仁田ネギに似ていて天理市・葛城市などで栽培されています。 料理方法は、すき焼・煮物・焼き物にあいます。 種や苗を買うのは、名張市・伊賀市へ行きますので見かけません。  結崎ネブカというのも伝統野菜でありますが、生産地は川西町で煮炊き・豚汁・ぬた和えに良いそうです。 川西町は奈良県以外の人にはあまりなじみが無いかもしれません。 能の観世流の発祥地です。 室町時代に翁の能面といっしょに天から降ってきたネギを植えたという伝説があります。 大和野菜を紹介します。 大和まな・千筋みずな・宇陀金ごぼう・ひもとうがらし・軟白ずいき・大和いも・祝だいこん・結崎ネブカ・小しょうが・花みょうが・大和きくな・紫とうがらし・黄金まくわ・片平あかね・大和三尺きゅうり・大和丸なす・下北春まな・筒井れんこん・味間いも・黒滝白きゅうりの20品目。   大阪も伝統野菜があって今も栽培されています。 毛馬胡瓜(けまきゅうり)・玉造黒門越瓜(たまつきりくろもんしろうり)・勝間南京(こつまなんきん)・金時人参(きんときにんじん)・大阪しろな(おおさかしろな)・天王寺蕪(てんのうじかぶら)・田辺大根(たなべだいこん)・芽紫蘇(めじそ)・服部越瓜(はっとりしろうり)・鳥飼茄子(とりかいなす)・三島独活(みしまうど)・吹田慈姑(すいたくわい)・泉州黄玉葱(せんしゅうきたまねぎ)・高山真菜(たかやままな)・高山牛蒡(たかやまごぼう)・守口大根(もりぐちだいこん)・碓井豌豆(うすいえんどう)・難波葱(なんばねぎ)の18品目。 伝統野菜を使った漬物があります。 二つ紹介します。 四天王寺西むら(東成区東小橋)・・・鶴橋駅からが近いです。 上本町の近鉄デパート、天王寺のハルカス、四天王寺の参道にもあります。 おつけもの処 高野(天王寺区大道)・・・四天王寺の参道にあります。 伝統野菜は自家菜園野菜の一つとして栽培されていることが多く一般に出回ることが少ないものもあります。 紫とうがらしは奈良県下全域で見ますが、自家消費が多いようです。 紫色ですがあぶると緑色になります。 紫色はアントシアニンで体にいいそうです。 生で食べても辛くありません。 赤くなると甘味もあります。 片平あかねは隣の山添村大字片平で栽培されています。 日野菜に似ていますが、皮だけでなく中身も赤いのが特徴です。 不思議なことに他地域で植えても赤くなりません。 宇陀金ごぼうは宇陀市が産地で付着した雲母が光り、縁起物として使われます。 小しょうがは県内各地で栽培されています。 大生姜よりも辛みが強いのが特徴です。 どこの家でも昔は植えていて梅の紫蘇漬に生姜も一緒に入れていました。 

2021年10月5日

 

ネギ

ネギの種類は色々ありますが、私は4種類を植えています。 九条ネギ、九条フトネギ、ワケギ、アサツキです。 一般的には長ネギ、下仁田ネギ、深谷ネギ、リーキ、曲がりネギ、葉ネギ、小ネギ、ワケギなどに分類されるようです。 関西では長ネギは九条ネギが有名で「ねぶか」といいます。 白ネギと違って葉っぱも食べます。 白ネギの主産地は関東で千葉・埼玉・茨城が全国の収穫量最上位になります。 大阪は南部の泉州地域が大阪ネギの主産地です。 こちらは、九条ネギに似ています。 九条ネギと大阪ネギの原種は現在の難波周辺で栽培されていた難波ネギとも言われていて、兄弟の関係になります。 もちろん今は大都会で畑などはありません。 鴨肉とネギが入った熱い汁を鴨なんばといいますが、このなんばは難波ネギのことです。 関東では鴨南蛮といいますが大阪では鴨なんばといいます。 関東では西洋人がタマネギの代用としてネギを使ったのでネギのことを南蛮というそうです。 同じものですが呼び方が違うわけです。 鴨なんばというが実際には合鴨か鶏肉です。 ところで、関西では鶏のことを「かしわ」といいます。 これは植物の色で表現されています。 ぼたん=イノシシ、もみじ=鹿、さくら=馬、かしわ=鶏(黄鶏)。 京都では「とり」というと鴨などの野生の鳥ことで鶏肉は「かしわ」といいます。 

2021年10月5日

 

水石(すいせき)

盆栽で使われる「水石」が気になるので調べてみました。 若いころから盆栽に興味がありました。 お寺に行くと床の間に「水石」があります。 盆栽好きの祖父が残していた昭和39年(1964年)発行の「盆栽の仕立て方・味わい方」からの参照になります。 「水石」という語は、先人が創り出した造語のようです。 鑑賞用に供せられた石については、盆石・雅石・奇石・珍石という風にいわれていた。 分類としては水石の形は次の通りです。 遠山(とうやま)・・・遠い山容をあらわす。 岩潟(いわがた)・・・岸壁や入江のさまを髣髴(ほうふつ)とさせる。 水溜り(みずたまり)・・・石面に凹みがあり、湖沼をあらわす。 土坡(どは)・・・裾野や平原の景観を見せる姿。 島形(しまがた)・・・島の姿を連想させるもの。 茅舎(くすや)・・・あずまやや田舎家を思わせるもの。 俳味のある姿。 滝石(たきいし)・・・石の表に滝をあらわすもの。 段石(だんいし)・・・段丘をあらわすもの。 姿石(すがたいし)・・・仏者聖人、或いは鳥獣魚貝の姿をおのづからあらわすもの。 後は、水石の産地になります。 名前だけ載せます。 神居古潭石、金山石、小国川石、好間川石、大子石、武尊石、八海山石、秩父石、青梅石、赤玉石、天竜川石、藤枝瀬戸の谷石、菊花石、揖斐川石、賀茂川石、瀬田川石、御影石、鎧石、那智黒石、古谷石、佐治川石、伊予石、梅花石、臼杵石が主な産地です。

2021年10月4日

 

庭木の剪定

お盆のころ以来、庭木の剪定をおこなっていないので天気の良い日に剪定を行おうと思っています。 アジサイは花が枯れたら切ってもよいそうですが、そのままになっていました。 気を付けないといけないのは花芽を切ると翌年に花が咲きません。 「庭木の本」が参考になります。 いつも重宝しています。 手間がかかるのは松です。 年2回は剪定の必要があります。 

2021年10月4日

 

キンモクセイ

日中はまだまだ暑さが残っておりますが、朝夕は涼しくなってきました。 秋を告げる花としては人それぞれでありますが、私はキンモクセイを思い浮かべます。 見た目よりは香りです。 離れたところでも結構匂います。 漢字では金木犀と書きますが、中国では意味が異なるようです。 ギンモクセイは「銀桂」、キンモクセイは「丹桂」と書きます。  観光地として有名な「桂林」はモクセイの街という意味です。 桂林には桂林丹桂大酒店というホテルがあるようです。 桂花茶、桂花陳酒などにモクセイが使われています。

2021年10月4日

 

彼岸花

2021年9月13日

 

ハチミツ

ブックカフェひろせに置いているハチミツの在庫が残り少なくなってきました。 ここ数年の間にあまりミツバチを見かけなくなりました。 先の入荷予定はありません。  ミツバチは大きくセイヨウミツバチとニホンミツバチに分かれます。 養蜂家が使っているのはセイヨウミツバチです。 ニホンミツバチは自然のミツバチを捕獲して養蜂をおこないます。

2021年10月3日

 

竹チッパー

竹の整理に竹チッパー(竹 粉砕機)を使っていますが、今年度からは奈良県ではなく山添村で借りることになりました。 早くから要望していましたが、納入まで半年以上もかかるようでとりあえずは中古の竹チッパーのようでした。 ここでも半導体の不足が原因のようです。 竹林整備は新型コロナウイルス対策で休んでいましたが、ようやく再開できそうです。 竹のチップは土壌改良にも使えて竹林に蒔くとタケノコもよく採れるようになりました。 驚いたのはカブトムシの幼虫がたくさんいたことです。 蒔いて1年はいいそうなのですが、2年以上になるとカブトムシは寄ってこないそうです。

2021年10月3日

 

 

 

 

写真を押すとページの先頭に戻る



Copyright © ブックカフェひろせ, All rights reserved.